私がIDEASを選んだ理由: 1人目

こんにちは。
IDEAS27期生の"のりお"です。
MEJIKARA(彼の自己紹介はこちら。)がBlogを作ってくれたので、これから少しずつ書いていきます。どうぞお付き合いください。
ちなみにブログのタイトルがシリーズっぽいですが、私が独断でつけたものです。誰かが乗っかってくれることを望みます。(中の人はこれくらいゆるっゆるです。すいません)

とりあえず、初めの1記事なので、自己紹介を。
IDEASに入学してくる人たちは、ある程度社会人経験がある人が多いです。そのなかで私は、おそらくちょっと変わった経歴を持っています。(ちなみに一番変わっているというわけではありません、残念ながら。)
学生時代には一人で海外を旅してばかりしていました。海外旅行といっても貧乏旅行でしたけど。つまるところのバックパッカーだったわけです。たくさんの国でその地域の人たちにとても良くしていただきました。
そのあと、就職せずにフリーランサーの道へ。(カテゴリ的には個人事業主です。確定申告も自分でします!)
大学で英語やコミュニケーションを学んでいたので、それを役立てて観光や英語研修事業をしていました。新卒でも、なんとかそういうことが可能になった世の中に感謝.....。

大学院でもっと勉強したい、という気持ちは大学卒業くらいから持っていたものの、どんな進路に進みたいのか自分でもよくわからず...長ーい自分さがし(?)を経て、大学院で専攻したい方向性が開発人類学に固まったので、その準備と開発学の基礎固めのつもりでIDEASに入りました。

国内の大学院をいろいろ見比べたりもしてたのですが、その上で学位は出ないIDEASに入学しようと決めました。
*学位が出ないってどういうことかというと、IDEASは文部科学省認定の学校ではないので学位がでないのです。"post graduate diploma"(学位取得を伴わない大学院レベルの修業証書。 多くの場合、プログラムは修士号と同じ内容になっていますが、論文の提出は必須ではありません。by Beo )というサーティフィケイトが出るので海外向けには大学院と同位としてみなされるらしいのですが、日本国内向けには、説明するのがちょっと難しいですね...。

学位がでないのはデメリットなのかもしれないけれど、それ以上のメリットがIDEASにはあると思っています。
私にとっての決め手は、一流の研究者の方々を講師とした授業を幅広く受けられること、その研究者の方々に進路相談にのってもらえること、海外からの研修生との授業があること、あとは説明会の時の先生の雰囲気、でした。学ぶ環境、一緒の時間を過ごす人たちの雰囲気って本当に大事。

これから開発の分野を志したい、でもまだこの道があっているのか確信が持てない...まったく知識がないまま海外の大学院に進学するのが不安...自分一人で準備なんてできるんだろうか...そんな人にこそ、ここにきてもらいたい。
私がIDEAS入学前にはわからなかったけれど入ってわかったさらなるメリットなんかについてはまたの機会に書きますね。

もし何か現役生に質問があるなんて方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
また、IDEASが気になっているという方は、事務局に連絡すると見学も気軽にできますので、実際見にこられるのも大歓迎です。

それでは皆さん良い週末を!



[PR]
トラックバックURL : http://ideaslife.exblog.jp/tb/25203913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ideas_blog | 2017-01-20 15:53 | 自己紹介 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る