アメリカの大学を受験するということ [Part2: 政策メモ]

こんにちは。GWがもう間もなくということで時がたつ速さを実感しているMEJIKARAです。
(去年の今ごろは、今の自分なんてまったく想像出てきていませんでした)

今回はアメリカの公共政策大学院を受験するにあたり必要となる、政策メモについてお話します。

アメリカの公共政策の大学院を受験するときに、多くの大学院で必要となるのが政策メモです。これがまた厄介で、特段どういった政策について書くといったことは指定されていません。なので、自分が興味を持っている政策や経験した政策について記述をする必要があります。具体的には、どういったところに現状の問題があり、その問題を解決するためにどのような政策が考えらるかPros & Consを含めて記載するというものが多いです。どこの学校も2ページ程度で簡潔に記載しろというものが多いので、背景を簡単に説明しながら記載する必要があります。

私の場合、以前会計事務所で働いていたので、単純に書きやすいからという理由で、途上国における租税制度の枠組みと開発というトピックを選びました。(10月頃です。)その後、11月頃に指摘されて気づいたのですが、これ全然志望動機書の内容とリンクしていない。。。。というわけで内容を志望動機近い内容に変更して書くという二度手間になってしまいました。受験される方は、なるべく早めに受ける大学がどのようなエッセーを要求しているのかを確認の上、はやめはやめに動かれるとよいと思います。

私は公共政策系の大学院しか受けていないので、他の学部ではどういった内容のものが必要とされるかは知らないのですが、他の学部でもwriting sampleの提出を求められる場合もあるようなので、アメリカの大学院を受験される方は、ご自身でチェックしてみてください。

それではまた次回!

[PR]
トラックバックURL : http://ideaslife.exblog.jp/tb/25719571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ideas_blog | 2017-04-28 21:02 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る