開発協力大綱を読む

こんにちは。MEJIKARAです。真夏日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

開発協力大綱を精読し、他のイデアス生とディスカッションしてみました。最新の開発協力大綱は平成27年(2015年)に出ているものですが、最初のODA大綱は、平成4年にでています。約20年間もの歴史があるということですね。

e0367876_15303723.png


平成4年度版と平成27年度を比べてみると色々面白いことがわかります。分量もだいぶ変わっていますが、中身も変わっています。ODAの原資は国民の税金であることから、国民の理解を得るための努力が必要と記載されており、その内容が平成27年度版では、色濃く反映されているような書き方になっていると思います。



この20年間で、開発の中で民間の果たす役割が変わってきたということもわかります。ビジネスを通じた開発やNGOの果たす役割も注目されているということだと思います。ビジネスを通じた開発は良い側面だけでなく負の側面もあるので、どのように今後規制を図っていくのが鍵になると思いました。

ODA大綱は日本の国際援助へのスタンスと方向性を表すものなので、是非みなさんも一度読んでみてくださいね!







[PR]
by ideas_blog | 2017-07-28 12:43 | 開発について(経済開発/社会開発)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る