世界の学窓から 〜イギリス・レディング大学〜

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
--*--*--*--*--今回はイギリス・レディング大学に留学された先輩の寄稿です--*--*--*--*--
----------------------------------------------------------------------------------------------------------


初めまして、イデアス26期生のタネ子です。

27期生から声をかけていただいたので、私の留学先であるイギリスのReading大学(リーディングかと思いきや「レディング」と呼びます)について紹介させていただきます。
コース名は、MSc Agriculture and Developmentです。

まず初めに、農業分野の大学ランキングを見ますと、世界1位はオランダのWageningen大学、また上位校はアメリカの大学で占められています。(2017年、参考:https://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2017/agriculture-forestry)しかし私にとって重要な要素は、農業開発学であること、1年で修士号が取得できること、アフリカ農業が学べることであり、これら全てを満たす大学がReading大学でした。またReading大学が、イギリスの農業分野で1位であると評価されていることも大きな決め手になりました。同様のコースとして、East Anglia大学のMA Agriculture and Rural Developmentも検討しました。実際にイギリスでそのコースの学生と話す機会がありましたが、こちらでは開発学を幅広く履修できるコース構成になっており、農業だけに限らず広く学びたい方に向いているコースだと思いました。

大学は、Reading駅からバスで約20~30分の所に位置しています。またReading駅からロンドンの中心部やオックスフォード(地図左上)までは約30分~40分かかります。Readingはロンドンのような都会ではなく、また古い建物も多くのんびりしています。

e0367876_21332471.jpg


キャンパス内は大自然に溢れていてとても広大で、端から端まで徒歩約30分かかります。特に私が通っていたAgriculture棟はキャンパスの中でも外れた場所にあり、学食などがある中心部に行くためにはガチョウや白鳥がたくさんいる湖を通るか森を抜ける必要があります。キャンパス内の広大な芝生や庭園はいつも綺麗に手入れされていますし、特に春の桜や水仙は規模が大きくとても見事でした。


e0367876_21361632.png

Reading大学の農業分野修士課程には、私の専攻以外に農業経済、食料安全保障、気候変動といったコースがありますが、全体的にアフリカからの学生が多いです。また政府関係者や職業経験がある学生がほとんどです。私の代はネイティブが少なく、みんな独特のアクセントで話すので、私にとっては積極的に話せる環境にありました。私の専攻であるAgriculture and Developmentのコースでは、熱帯地域(特にアフリカ)の多様な農業形態をいかに理解するか(政治的、経済的、社会的、環境的、文化的視点から)、持続可能な農業開発とは、そして農業に関わる諸問題(緑の革命、遺伝子組み換え、気候変動など)といった科目が必修です。そうした座学に限らず、種子の発芽実験や数多くの大学内外の研究施設訪問、農家訪問などもあるため、実践的に学ぶことができました。

e0367876_21372010.png

e0367876_21373105.png

 
食に関しては、大学内の食堂はフィッシュ&チップスや定番のイタリアン料理等で飽きるかもしれませんが、具材が選べるホットサンドや焼きそばがおいしいです。Korean Marketがあるので、日本食が恋しくなった時はキンパ(韓国風海苔巻き)や韓国海苔を食べています。大学からバス約20分で大型ショッピングモールがあり、レストランも充実しているため、週末はそこで過ごすことが多いです。またその間にスーパーやコンビニも多数あります。キャンパスが広いこともあり、自転車を利用している学生が多いですが、盗難被害もとても多いので、ケチらず頑丈な鍵を買う必要があります。

最後の課題である修士論文の要約が5月下旬には終わり(テストは5月上旬で全て終了※選択科目によっては下旬まで)、その後は8月末締め切りの修士論文執筆に専念しています。この1年を振り返ると、講義が始まった9月や10月は課題も少なく比較的のんびり過ごせましたが、特に年明けからは課題の締め切りラッシュや施設訪問等で「いっぱいいっぱいだ!」と思っているうちに一瞬で時が流れました。

後輩のみなさんが有意義な時を過ごせますように!




[PR]
トラックバックURL : http://ideaslife.exblog.jp/tb/25933702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ideas_blog | 2017-07-30 11:28 | IDEASの先生・先輩の寄稿など | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る