カテゴリ:イデアス27期生自己紹介( 8 )

イデアスを選んだ理由~8人目~

みなさま初めまして、タロウです。




e0367876_15305460.jpeg

私は紛争解決・平和構築を志望していて、前職ではファンドレイジングと広報を通じて難民の方達への支援に携わっていたのですが、どうせなら根本的に紛争を無くしたいという青臭い理由で留学を考え、こちらに来ました。

まず、最初に結論から申し上げると、IDEASに入って本当に良かったと思います。

私がIDEASを志望した理由の一つ目が、研究者の方々から講義を受けられることです。
アジ研は地域研究や経済開発系の研究に強いイメージがありますが、実は人道・人権分野でもすごい研究者の方が多くいます。また、BOPビジネスをはじめとしてソーシャルビジネスに取り組む研究者やプロジェクトもあり、本当に幅広くかつ質の高い研究が行われてます。(しかもかなり安い授業料です。)

二つ目が世界中の途上国からくる日本に関心がある若手の官僚の留学生と共に勉強ができること。そして最後が、やはり留学の実績が圧倒的なことです。あと、皆様にお伝えしたいのが、外国人留学生も含め、このIDEAS自体の人的なネットワークが卒業してからもとても大きいです。

留学を本気で考えている人は、IDEASに行かず、直接留学をしようかどうか考えている人もいると思います。IDEASには約10ヶ月いることになるわけですが、少なくとも私にとっては遠回りになるどころか、確実に為になりました。ダメ元でも、IDEASを受験して本当に良かったと思います。

関心がある方はどなたでも大歓迎なのですが、毎年、紛争解決や平和構築系志望の学生が一人か、多くて二人なので、この分野を目指したい人に来て頂けると、個人的にはとても嬉しいです。私は、前職はNGOですが、IDEASに通う上では、経歴はあまり関係ないと思います。むしろ今まで違う畑で仕事をしていたけれど、国際協力に関わりたいと本気で志望する人のための場所ではないかと個人的には思います。


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-08 15:30 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

イデアスを選んだ理由~7人目


こんにちは。アンジェです。

私は大学で日本の中世の歴史を専攻してから、ずっと同じ日本の化粧品会社で美術館運営、カスタマーリサーチ、コンピューターシステム管理・設計・プログラミング、スキンケア処方開発、皮膚研究、社内広報誌作成を担当していました。社内で組合とCSR活動で日本のNGOの方々と交流を持ったことがきっかけでイデアスを知り、受験して学生になりました。

今の私は転職して国際開発分野で活躍したいという野心的な気持ちよりも、大学時代全く勉強していなかった国際開発分野をもっと深く知りたいという気持ちが先行しています。私自身が身体障がい者であること、女性の多い職場で働いていたことから、障がい者と性的マイノリティーを含むジェンダー支援について興味があります。

e0367876_23213837.jpg
似顔絵の、中央下が私です。

イデアスでは、世界中の地域の開発学を研究されている研究者の方々から、最新の研究内容を直に授業として学べるだけでなく、世界中の大学や研究機関・国際機関の研究員の方々との交流で所内の研究者向けに勉強会が開催され、それに参加できること、前期の授業は、アジア・アフリカ諸国の政府機関から派遣されてきた研修生と一緒に勉強しながら国際交流できることも魅力です。私は、英語でレポートを書くこと・プレゼンをすることに不慣れだったため、英語を使うことを鍛えられることもイデアスの魅力であり、大変さだと認識しています。

皆さまへのアドバイスは、他の研修生は外国人も日本人もとても優秀で、自分がとても出来の悪い学生だと落ち込みそうになりますが、「他人と比較するのではなく、自分がやりたいこと・やるべきことを着実にこなしていくこと」と「心身の健康を保つため、生活習慣・通学に負担を掛け過ぎないよう気を付けること」です。前期は授業への出席、テスト・レポート作成・プレゼンの準備に加え、留学のための英語テストの受験と、進学先の海外の大学院の選定と出願、人によっては奨学金受給のための調査・出願・試験と、心が折れそうになるので、他人と比べずに、自分がやるべきことを見失わず、1つ1つ処理していく必要があります。自己責任で一人でやらなくてはいけないことですが、学校の先生や同期の学生へ相談すると、支援してもらえ、励ましてもらえます。挫けずに頑張ることが大切です。

皆さんもぜひイデアスで学んで、国際社会に羽ばたいて下さい。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-15 09:38 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がイデアスを選んだ理由:6人目

こんにちは。トゥルルペです。

今回は私がイデアスを選んだ経緯について話してみたいと思います。


実は私、

大学卒業してから、ITコンサルティングファームで2年間働き、寿司職人として1年間修行して、青年海外協力隊でナミビアに行って、

という訳のわからない人生を送ってきた訳ですが、正直なところ、大学4年生で就活が終わったぐらいの時から、漠然と国際開発援助分野で働きたいと思っていました。


ただ、国際開発援助の業界で働こうと思った時に、私は正直、どうすればいいのか、よく分かりませんでした。


例えば、開発コンサルタントとして働くにしても、修士号が要求されることが多いです。それで、大学院に行くにも、大学で国際開発について網羅的に勉強していない、大学での成績は信じられないほど悪い、挙げ句の果て、 大学でゼミにすら入っていなかったので、推薦書を書いてもらう教授もいません。


そんな風に悶々としていた時に、イデアスを山本敏晴さんのブログで知りました。調べてみると、国際開発に関する学問を網羅的に学べるだけでなく、大学院留学のアドバイスまで行ってくれるというではありませんか。


既に沢山のイデアスを卒業した先輩方が国際開発援助業界で活躍されていることもあり、それからは、イデアスにどうしても入りたいという思いで、青年海外協力隊も活動していました。

e0367876_14401799.jpg


私のように、大学時代に特別、国際開発援助について学んでいない方でも挑戦できる素晴らしい場所だと、入ってからも感じています。少しでも興味がある方は是非イデアスについて調べてみてください!


最後まで読んでいただいてありがとうございました!


[PR]
by ideas_blog | 2017-02-08 16:00 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

IDEASに入った理由:5人目

e0367876_00242015.jpg

Mulembe こんにちは 
Marjay(マジェ)です。Mulembeはウガンダのバギス語でこんにちは
Marjayはリベリアのバッサ族の友達がつけてくれたミドルネームです。

はい、この2つの言葉と名前がキッカケで、私は脱サラ娘となりました。
(写真のウガンダのバギス族の友達が、私の魂を半分アフリカに持ってってしまいました 笑)
この話はオイオイ、書けたらと思いますが、、、

私がIDEASに入った理由は、
国際協力への関心と疑心020.gifをもっていた私にとって、その2つの相反する気持ちを、ちょっとは消化させてくれそうな場所だと思ったからです。(IDEASでは経済開発、社会開発、両方の側面から国際協力について学ぶことができます。)

アフリカ*の生活を、現地友人宅での滞在から垣間見た私は、色々問題があって、いちいち色々大変で、何か出来たらいいなぁと思う反面、昔から「国際協力」という言葉に偽善めいたものを感じていました。
なんかできたらいいけど、でも偽善な気もするし、うーん・・という、偽善を否定して結局何もしないサイクルに陥っていた私が、いい意味で諦めて、「やらない善より、やる偽善」と心を決めたのが、社会開発論の佐藤寛先生の言葉でした。

*IDEASは「アジア経済研究所開発スクール」と言いますが、アジアに限らず途上国全般が研究対象エリアです。外国人研修生はアジア、アフリカ各国から来ています。日本人研修生の同期には、ラテンアメリカを研究対象にしている人もいるので、「アジア」という名称に囚われず、途上国全般のことを学べます。

e0367876_01015687.jpg

煮え切らない想いで、とりあえず参加してみたIDEASの公開講座*で、佐藤寛先生の講義後に、開発に否定的な意見を投げかけました。たしか、農業生産性をあげた開発事例などの講義だったかと思うのですが、「現代ではオーガニック志向もあるし、現地の昔ながらの農法を守った方が良いのでは?世界が資本主義化していくのはどうなのか?」というよう問いかけをしました。

*イデアス公開講座:例年4月上旬にあります。IDEAS授業の縮小版という感じで、各教授陣が2日間で様々な講義をしてくれます。写真は2016年4月のセミナーの様子
私の批判的な問いかけに対し、佐藤先生は「確かにそういう側面もあるし、そう思う現地の人もいるだろう。しかし農業生産性向上を喜び、それに助けられる人がいるのも事実。望む、望まないに関わらず、資本主義化の流れは恐らく誰にも止めることはできない。ならば、その止められない資本主義をどう地域社会と調和させ、うまく使っていくかが大事」というような言葉を返してくれました。(詳細はうろ覚えですが、だいたいこのような趣旨だったと思います)

この言葉から、この先生がいるIDEASなら、開発の否定的な側面も視野に入れて、あるべき国際協力のあり方を模索できるのではないかと思い、「やらない善より、やる偽善」の覚悟をもって進もうと決めました。

他の大学院も比較検討していましたが、その話もまたオイオイ・・

今日はこの辺りで・・

e0367876_00482855.jpg

写真:佐藤寛先生の著書「開発援助の社会学」の紹介欄です。ご自身の研究調査活動などに触れ「なかなか楽しい仕事である」と結んでいるのが印象的です。自分の仕事を堂々と楽しいと言える、そんな先生、そしてそんな仕事、いいなぁ・・
いつか自分もそんな風に「自分の仕事」が出来るようになりたいなぁ・・と本の内容より、そっちに目が言ってしまう私・・(←オイ)
時々、この紹介欄を見ては、がんばろ っという気持ちになっているのは、ここだけの秘密です・・(笑)
034.gif今日のマジェの独り言:「気になったら、行ってみるべし」

---私はIDEASとK大のオープンセミナーに行って、先生や先輩方とお話し、はたまた授業も体験しました。先輩方との話で「自分と考え方が近い、思考が近い」とか「授業が面白い」という”肌感覚”を得たのが、大きな決め手でもありました。「この先生がいるなら大丈夫そう」「こんな人たち(先輩)がいるところなら良さそう」というフィーリングのフィット調査、たいせつですww

Bwao!(リベリアのバッサ語で、じゃーね)
マジェ

[PR]
by ideas_blog | 2017-02-06 19:24 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:4人目

こんにちは。MEJIKARAです。
いかがお過ごしでしょうか。

私がイデアスを選んだ理由を端的にいうと、恥ずかしながら、私にはいきなり開発の大学院に進学する自信がなかったからです。

私の大学時代の専攻は、経営学で、仕事も会計事務所でした。専門性といっても、国際税務の仕事をしていたことぐらいでした。開発については、本で読む等のことはしていましたが、実際に仕事を通して開発の実務に関わったことはありませんでした。

また、労働や移民については興味がありましたが、社会学系に進むべきか、政策系に進むべきか、はたまた経済学系にすすむべきか等、正直全くわかりませんでした。更に、大学院に行ったとしても、今まで開発の実務経験があまりない私に就職先などあるのだろうか。もしかしたら、無謀なことをするぐらいなら、いっそ大学院などいかず、会計業務についていた方がいいのかもしれない。そんな悶々とした状況の中で、インターネットで、イデアスを発見し、「ここで一年学べば、どこに行くべきか見えてくるかも!」と思い応募したのが、正直なきっかけです。

実際に、イデアスに入ると先生方や先輩方、同期から様々な意見をもらうことができ、それだけでもイデアスはいってよかったな!と思えます。開発の業界は、就職等の情報が入手しにくかったりするので、先輩方の人々の話を聞けるのが本当に助かっています。

本日はここまで~。

[PR]
by ideas_blog | 2017-02-03 08:50 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:3人目

はじめまして、IDEAS27期生のハナです。
e0367876_21033044.jpg
マルガリン酸さんと同様、神奈川県出身です。
大学の時にイギリス、コスタリカの国際NGOでボランティアをしたのがきっかけでこの業界(国際協力)に足を踏み入れてしまい、その後も就職が決まっていたにもかかわらず青年海外協力隊に入ったり、世界で三番目に殺人率が高い国で仕事をしてみたりと、親泣かせな人生をおくってまいりました。

こんなめちゃくちゃな私ですが、約10年以上国際協力分野にかかわってきた中で自分なりに出した答えが「教育と開発」でした。

他の同期とちがって、私がIDEASにはいった理由は留学ありきではなく、自分のこれまでの開発途上国でのキャリア経験を、一度立ち止まってアカデミックな観点から見直したいと思ったのがきっかけです。なので(留学もできたらありがたいですが)、留学よりも自分の夢に向かってどういう道を歩んでいくのがベストか、今IDEASで勉強をしながら日々考えています。

IDEASのいいところは、自分の進みたい専門分野の第一線で働いていらっしゃるIDEAS卒業生や先生方にもたくさんアドバイスをいただけることです。
そして、日本にいながら、世界18か国+日本人の友達ができること。

長らく机に向かって「勉強」することがなかった、そして電車通学が苦手な私には毎日幕張に通って授業をうけるのはけっこう大変ですが、有意義な1年間にしたいと思っています!!!







[PR]
by ideas_blog | 2017-01-29 20:38 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:2人目

はじめまして。イデアス27期生のマルガリン酸です。
自己紹介をしながら、私がイデアスで勉強しようと思った経緯をご紹介したいと思って投稿させて頂きました。

簡単な自己紹介:マルガリン酸
e0367876_19264729.jpg






神奈川県生まれで前職はプラントエンジニアリング会社で働いていました。
小学校からサラリーマン生活まですべて同県内で過ごしてきたドメスティックな経歴です。
 
イデアスに入ったきっかけとしては、発展途上国が抱えるエネルギー問題の解決に貢献したいという事が最大の理由になるかなぁと思います。貢献の方法って色々あると思うんですけど、私は開発専門家という立場からこの問題に携わりたいと思ったんです。なので、イデアスで勉強してイギリスで修士を取ってこの業界に飛び込もうと決意するに至りました。

簡単ですが、以上が私の自己紹介と入学の経緯です。


[PR]
by ideas_blog | 2017-01-28 12:00 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由: 1人目

こんにちは。
IDEAS27期生の"のりお"です。
MEJIKARA(彼の自己紹介はこちら。)がBlogを作ってくれたので、これから少しずつ書いていきます。どうぞお付き合いください。
ちなみにこの記事のタイトルがシリーズっぽいですが、私が独断でつけたものです。誰かが乗っかってくれることを望みます。

とりあえず、初めの1記事なので、自己紹介を。
IDEASに入学してくる人たちは、ある程度社会人経験がある人が多いです。そのなかで私は、おそらくちょっと変わった経歴を持っています。(ちなみに一番変わっているというわけではありません、残念ながら。)
学生時代には一人で海外を旅してばかりしていました。海外旅行といっても貧乏旅行でしたけど。つまるところのバックパッカーだったわけです。たくさんの国でその地域の人たちにとても良くしていただきました。
そのあと、就職せずにフリーランサーの道へ。(カテゴリ的には個人事業主です。確定申告も自分でします!)
大学で英語やコミュニケーションを学んでいたので、それを役立てて観光や英語研修事業をしていました。新卒でも、なんとかそういうことが可能になった世の中に感謝.....。

大学院でもっと勉強したい、という気持ちは大学卒業くらいから持っていたものの、どんな進路に進みたいのか自分でもよくわからず...長ーい自分さがし(?)を経て、大学院で専攻したい方向性が開発人類学に固まったので、その準備と開発学の基礎固めのつもりでIDEASに入りました。

国内の大学院をいろいろ見比べたりもしてたのですが、その上で学位は出ないIDEASに入学しようと決めました。
*学位が出ないってどういうことかというと、IDEASは文部科学省認定の学校ではないので学位がでないのです。"post graduate diploma"(学位取得を伴わない大学院レベルの修業証書。 多くの場合、プログラムは修士号と同じ内容になっていますが、論文の提出は必須ではありません。by Beo )というサーティフィケイトが出るので海外向けには大学院と同位としてみなされるらしいのですが、日本国内向けには、説明するのがちょっと難しいですね...。

学位がでないのはデメリットなのかもしれないけれど、それ以上のメリットがIDEASにはあると思っています。
私にとっての決め手は、一流の研究者の方々を講師とした授業を幅広く受けられること、その研究者の方々に進路相談にのってもらえること、海外からの研修生との授業があること、あとは説明会の時の先生の雰囲気、でした。学ぶ環境、一緒の時間を過ごす人たちの雰囲気って本当に大事。

これから開発の分野を志したい、でもまだこの道があっているのか確信が持てない...まったく知識がないまま海外の大学院に進学するのが不安...自分一人で準備なんてできるんだろうか...そんな人にこそ、ここにきてもらいたい。
私がIDEAS入学前にはわからなかったけれど入ってわかったさらなるメリットなんかについてはまたの機会に書きますね。

もし何か現役生に質問があるなんて方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
また、IDEASが気になっているという方は、事務局に連絡すると見学も気軽にできますので、実際見にこられるのも大歓迎です。

それでは皆さん良い週末を!



[PR]
by ideas_blog | 2017-01-20 15:53 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る