カテゴリ:IDEAS受験( 5 )

イデアス-入学希望者向け説明会-

お久しぶりです。マルガリン酸です。

先日、イデアスの入学希望者に向けた説明会があり、私もお邪魔してきました。

説明会の内容は、イデアス受験について、授業内容および学校生活、留学および就職などおおよそ網羅的に説明されていたかと思います。


今日のブログでは、イデアス受験に関する情報をご紹介したいと思います。


【質問1】

イデアスの試験ってどんな所を見てるの?


【回答1】

卒業後就職できるかどうか注視しているとのことです。受験者が会社を辞める等、リスクを取って志願している点は学校側も強く認識しているので、自ずとこの点を重要視するそうです。従って今までのキャリア、思い描いているキャリア、パーソナリティ等を総合的に判断することになると思います。


【質問2】

イデアス受験に際し、英語ってどれくらい必要?


【回答2】

目安として、パンフレットに記載してある点数(TOEFL:88以上、IELTS6.5以上など)が基準になると思います。ただし、この点数を満たしていないからといって、イデアスへの出願を諦める必要は無いとのことです。その理由として、確かに語学力は判断基準の一つだが、これまでの経験などから総合的に判断することが、留学においても今後のキャリアにおいても重要であると認識しているため、とのことです。


【質問3】

イデアス出願の際に英語での志願書が必要だけど、上手に書ける自信が無いのだけど、どうすれば良い?


【回答3】

質問に答えるために、英文志願書を要求する目的は、二次試験の英語面接(この面接は英語力のみを測る面接です。) で使用するからとのことです。従って、志願書では英語能力は見ていません。以上が説明会の中で学校側がした回答です。私の場合は、自身の英語能力に自信がなかったため、日本人の英語のプロに添削してもらいました。ネットで検索すると添削サービスを実施している英語学校や、添削サービス専門のサイトなど色々あるので、語学レベルや、料金などを比較し自身に合ったサービスを利用するのもありだと思います。

ちなみに、英文志願書と和文志願書が完全に一致している必要も無いとのことです。


【質問4】

イデアスの入学者って職務経験ある人が多いみたいだけど、どれくらいの人が多いの?また、どれくらいがベスト?


【回答4】

入学者は20代半ばから30が多いです。もちろん、新卒で入られる方も、40代以上の方もいらっしゃいます。

「どれくらいがベスト?」という質問に関しては、説明会の中で、私が頂いた質問なので、職務経験がある方に向けた私自身の個人的な考えを申し上げます。直接的な回答になっていませんが、自身の考えているキャリアから逆算することで大体の年数が把握できるかなと思います。

まず、開発業界で仕事することを考えると、最低2,3年の職歴があると良いかなと思います。(職歴が2年または3年以上あることを要求される職種が多いため)

次に、国連機関で働きたい場合はJPO試験を受験することを考慮に入れる必要があると思いますので、この試験の年齢制限である35が、一つの目安ではないでしょうか。一般的には、一回目の試験で受かるのは難しいと思われますので、複数回受けることを考えると、おおよその時期を設定できるのではないでしょうか。

最後に、具体的な年数ではないのですが、考え方の一つとしてPSCVに書けるだけの経験というのが指標になると感じます。受験に際しては今までの職務経験等から得られた事を用いて、それらがどのように留学先のプログラムおよび今後希望するキャリアに関連し貢献するかを書くことになるかと思います。これを説明するだけのネタがあるかどうかを基準にすれば良いかと。この様に書くと、何だかすごい経験をしないとダメなのかなと感じますが、私自身はそんな大層な経験は持ち合わせておりません。また、職務経験と希望先の関連性が薄くても合格を勝ち取っている方も多くいらっしゃいます。今までの人生で得たことを総動員して絞り出すというイメージの方が実態に近いかもしれません。

もちろん、長い職務経験や新卒で直接留学することもそれぞれにメリット・デメリットがありますので、やはりキャリアから逆算するアプローチをとるのが間違いの少ない方法だと思います。

思い描いたキャリアの実現には常に不確実性が伴うので、この考え方で決定的な決断は出来ませんが、考え方の一つとしてお役に立てればと思います。


【質問5

イデアス受験に際し、志望理由ってどれくらい固めてるの?


【回答5】

受験者の多くがこれから開発業界を目指しているため、業界内に精通していないことは承知しているとのこと。その上で、可能な限り将来を思い描けば受験については大きな問題は無いかなと感じます。

私自身のお話をすると、前職が民間企業だったので、開発とビジネスの分野、中でもエネルギー分野でキャリア構築をしたい理由に多くの分量を割きました。(理由以外に書けることが見つからなかったので。)書く際のネタ探しとしては、開発業界での実務経験が無いので書籍が主な情報源でした。具体的には、開発学の入門書を一冊。(学問的な概要を何となくイメージできるように)開発とビジネスに関する本を数冊。ルポを数冊(現場に近く具体的なイメージを掴むため)また、JICAやアジ研のHPも私にとっては有用でした。他には、ボランティア活動での経験を基に志望理由を作る人も多くいるのではないかと思います。ありきたりな回答ですが、こればかりは地道に固めていく以外の方法は無いというのが実感です。


徒然なるままに書きましたが、イデアス受験を考えている方々のご参考になればと思います。ではまた。


e0367876_19265318.jpg


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-21 19:20 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

イデアスを選んだ理由~8人目~

みなさま初めまして、タロウです。




e0367876_15305460.jpeg

私は紛争解決・平和構築を志望していて、前職ではファンドレイジングと広報を通じて難民の方達への支援に携わっていたのですが、どうせなら根本的に紛争を無くしたいという青臭い理由で留学を考え、こちらに来ました。

まず、最初に結論から申し上げると、IDEASに入って本当に良かったと思います。

私がIDEASを志望した理由の一つ目が、研究者の方々から講義を受けられることです。
アジ研は地域研究や経済開発系の研究に強いイメージがありますが、実は人道・人権分野でもすごい研究者の方が多くいます。また、BOPビジネスをはじめとしてソーシャルビジネスに取り組む研究者やプロジェクトもあり、本当に幅広くかつ質の高い研究が行われてます。(しかもかなり安い授業料です。)

二つ目が世界中の途上国からくる日本に関心がある若手の官僚の留学生と共に勉強ができること。そして最後が、やはり留学の実績が圧倒的なことです。あと、皆様にお伝えしたいのが、外国人留学生も含め、このIDEAS自体の人的なネットワークが卒業してからもとても大きいです。

留学を本気で考えている人は、IDEASに行かず、直接留学をしようかどうか考えている人もいると思います。IDEASには約10ヶ月いることになるわけですが、少なくとも私にとっては遠回りになるどころか、確実に為になりました。ダメ元でも、IDEASを受験して本当に良かったと思います。

関心がある方はどなたでも大歓迎なのですが、毎年、紛争解決や平和構築系志望の学生が一人か、多くて二人なので、この分野を目指したい人に来て頂けると、個人的にはとても嬉しいです。私は、前職はNGOですが、IDEASに通う上では、経歴はあまり関係ないと思います。むしろ今まで違う畑で仕事をしていたけれど、国際協力に関わりたいと本気で志望する人のための場所ではないかと個人的には思います。


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-08 15:30 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

イデアスに入ってから分かったこの学校の良さ

のりおです。最近お天気がすごく良くて、イデアスの入っているアジア経済研究所の近くにある高校の桜が、すでに開花していてびっくりしました。また、花粉症もピークのようで、目がもげそうです。

さて、今日はイデアスに入ってから分かったこの学校の良さを少しばかり紹介したいと思います。

1. 一流の研究者や実務者と知り合える
大学院進学の準備をしながら、自分が専攻する予定でない分野も幅広く学べ、またアジア経済研究所に所属する研究者の方々の中に自分の興味関心と近い研究をされている方が居たら、アポを取って会うこともできます。そうして卒業論文を書き上げていくのが筋みたいですね。

2. 数学や経済学、統計学の基礎をしっかり学べる
社会科学系であっても、少なくとも論文を読みこなすには基本の経済学の知識は持っておいた方がいいと思います。
わたしも慣れてなかったので、ついていくのが大変でしたが、ひよっこながら新しい視野で物事を見られるようになりました。
統計は、様々な本で言われているように、身近な事象を自分で読み解くにも役に立ちますし、メディアの嘘を見抜く素養にもなります。この機会に一生懸命学んでおくと、キャリアにおいても、それ以外でも自分の味方になってくれるスキルじゃないかと思います。

3. 友達ができる
まず日本人研修生は少人数で1年間過ごします。つらい受験期や奨学金応募期に励まし叱咤し合える友人というのは本当に重要です。多分わたし一人じゃこのプロセス乗り越えられていませんでした。留学先の大学が違っても、例えば同じイギリス内だと一緒に旅行に行ったり、ということを先輩方はされているので、ぜひ私たちも...と思っています。
また、外国人研修生たちと触れ合うことで、自分の知らなかった国のことを知れます。知らなかったご飯が食べられる。自分と全然違う視点の素朴な質問にはっとすることがある。自分よりもめちゃめちゃ優秀な外国人研修生の給料を聞いて愕然とする、など日々味わえない刺激でいっぱいです。
さらに、いままでのブログでも複数人が言及していましたが、IDEASはタテのつながりの強いので、OB/OGの方々からとっても身になるお話を聞かせていただける機会もたくさんあります。

4. 手厚いサポート、あたたかな事務局の雰囲気
スタッフの皆さんが、イデアス生ひとりひとりを気にかけてくださるので、気持ち良く過ごせます。(ただし調理器具は持ち込ませてくれない) 。皆様素敵なお人柄で、少人数だからこそ柔軟に対応していただけるのがありがたいです。
e0367876_00405325.jpg

ちなみに上の絵は、イデアス受験の時に、先輩方が書いてくださったメッセージと事務局の皆さんの似顔絵です。
これを見て、緊張が解けたのを覚えています。いま見ても、イデアスの雰囲気を良く表しています。


さて、とりあえずはこんなところでしょうか。IDEの施設を使える、なんて利点ももちろんありますが、主にイデアス内部に関して、入ってわかったいいところをご紹介しました。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-20 12:56 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

イデアス説明会開催!

こんにちは!のりおです。

以下、イデアス公式のお知らせです♪


e0367876_01032413.jpg
もちろんこの絵は公式ではない。しかも大して似ていない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【説明会開催のお知らせ!】

下記の日程で第28期日本人研修生募集説明会を開催予定です。

開発スクール(IDEAS)事務局長の山形辰史がスクール概要、選考等について説明し、また、ご相談も受付いたします。

ご参加希望の方は、件名:【〇月〇日IDEAS説明会】、
お名前、ご所属、当日連絡先をご記入の上、
各開催日の前日までにgoideas@ide.go.jpまでご連絡下さい。

①3月22日(水)19:00~20:00 JETRO本部
※終了後、任意で相談会を開催予定。
(東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル)

②4月7日(金) 19:00~20:00 JETRO本部
※終了後、任意で相談会を開催予定。
(東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル)

③4月14日(金)19:00~20:00 JETRO大阪本部
(大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング)

また、開発スクール(IDEAS)では、随時見学を受付けておりますので、ご希望がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

ぜひ、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

問い合わせ先:
アジア経済研究所 国際交流・研修室
開発スクール(IDEAS)事務局
TEL:043-299-9562
E-mail:goideas@ide.go.jp


---

IDEASに興味のある方は、山形先生よりIDEASについて直接話を聞けるチャンスです。

私(のりお)も、大阪の説明会に参加して、山形先生の暖かさと、伝え聞くIDEASの面倒見の良さと柔軟さに惹かれて受験を決めました。

ご都合あいましたら、ぜひ!


もちろん、イデアス自体への見学もいつでも歓迎です。お気軽にどうぞ♪


[PR]
by ideas_blog | 2017-03-15 16:49 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

イデアスを選んだ理由: 番外編

またまたMEJIKARAです。
今回はイデアスを志望した理由(番外編)として、お送りします。

現在私たちは、イデアス27期生なのですが、
これまでに1-25期で大学院に進学された方々は、244名がいらっしゃいます。(26期はまだwebsiteでは公開されてないよう)

卒業生の方々がどの大学に進学したかというと、下記の通りになっており、いずれも著名な大学や開発の業界で有名な学校が並んでいます。(詳細は、下記のリンク先を参照)

1. London School of Economics and Political Science (LSE)で24名
2. School of Oriental and African Studies (SOAS)で22名
3. Duke Universityで22名
4. Cornell Universityで20名
5. University of Sussexで14名
6. University of Manchesterで10名
7. University of Cambridgeで10名


私も大学院へ進学することはぼやっと考えていたのですが、こんなにもキラキラした大学実績を見ていて、
「こんな私でもイデアス行けば何とかなるかも。。。。」と邪推した夢見たのは言うまでもありません。←

e0367876_01430286.jpg


結局は受験は、個人の勝負なのですが、出願が終わった今振り返ってみると、なんとかやり遂げられたのはイデアスのサポートや同期のサポートがあったからだと思うのです。

イデアスに入ってくる学生の理由は様々ですが、私はメインの理由以外にも、上記の理由がありました。

本日はここまで。また!

[PR]
by ideas_blog | 2017-02-07 17:27 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

アジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)の生活を徒然と綴ったブログです。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas) 海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る