<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

山形先生セレクト映画鑑賞会。

のりおです。
ゼミが始まったし、修了論文についても考えなければいけないので読むものも増え、みんな忙しくしています。

さて、今日は、IDEAS内の自主映画上映会のおはなし。
事務局長の山形先生が、かなりたくさん社会問題を取り扱った映画作品のDVDをお持ちなんですよね。
ドキュメンタリーもあれば、小説が原作のものだったり。そのなかでも芸術祭系から、商業系まで、いろいろなジャンルがあります。
それらを、授業の空きコマを利用して、時折上映しています。


先週みんなでみたのは、こちらの中国映画「紅いコーリャン」。著名な張芸謀(チャン・イーモウ)監督の初監督作品にしてベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品です。

舞台は1930年代の中国山東省。コーリャン(イネ科の穀物、ソルガム。)畠のそばの造り酒屋に嫁いだ女性とその造り酒屋に勤め、造り酒屋の主人亡きあとに夫となる男性を中心にした物語です。主人公たちは地域の山賊におそわれるなどの苦境を乗り越え生活を切り開いてゆくのですが、日本軍が進攻してきて生活状況が一変して....
e0367876_22143419.jpg
時代背景に関して勉強になったのはもちろん、赤色をシンボルにした映像の美しさが素晴らしかったです。
右側は、原作本。

「映画は、中国を知る導入として、一つの良い題材だと思います」と言ってこの映画を山形先生は勧めてくださいました。アフリカや南米のことはむしろ意識して勉強してるものの、あまり昔ながらの中国、といったものに馴染みはなかろう、と思ったということです。


ちなみに前回は、El Sistemaというベネズエラの音楽を通じた教育を子供に提供する団体を追ったドキュメンタリー 。裕福でない子供たちも、身分関係なくオーケストラの一員として励み、成長していく姿が描かれています。
いま現在情勢が危ういベネズエラですが、このような社会活動を通じて薬物や犯罪にはしる子供を減らす取組みを国家ぐるみで行っているのですね。ちなみに、この映画をみてから情報を調べていたら、エル・システマ・ジャパンという団体もできていることを知りました。映画から芋づる式に知らないことが見えて来るのっておもしろい。
e0367876_22304496.jpg


ちなみに、今季限定かもしれませんが、IDE(アジ研)内全体を対象にした映画会も催されたりしています。これはBlack Goldというコーヒーの生産・輸送から消費者に行き着くまでのドキュメンタリーです。
e0367876_22310098.jpg


他にもまだまだウェイティング・リストがありますので、卒業まで、映画鑑賞会は続きそうです。
e0367876_16423342.jpg

映画を開発の文脈でみてみるってなかなかないですけど、専門家の話を聞いた後にみると一度見た映画も違って見えて面白いです。


今日はここまで。
また書きますね!

[PR]
by ideas_blog | 2017-04-30 17:34 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

アメリカの大学を受験するということ [Part2: 政策メモ]

こんにちは。GWがもう間もなくということで時がたつ速さを実感しているMEJIKARAです。
(去年の今ごろは、今の自分なんてまったく想像出てきていませんでした)

今回はアメリカの公共政策大学院を受験するにあたり必要となる、政策メモについてお話します。

アメリカの公共政策の大学院を受験するときに、多くの大学院で必要となるのが政策メモです。これがまた厄介で、特段どういった政策について書くといったことは指定されていません。なので、自分が興味を持っている政策や経験した政策について記述をする必要があります。具体的には、どういったところに現状の問題があり、その問題を解決するためにどのような政策が考えらるかPros & Consを含めて記載するというものが多いです。どこの学校も2ページ程度で簡潔に記載しろというものが多いので、背景を簡単に説明しながら記載する必要があります。

私の場合、以前会計事務所で働いていたので、単純に書きやすいからという理由で、途上国における租税制度の枠組みと開発というトピックを選びました。(10月頃です。)その後、11月頃に指摘されて気づいたのですが、これ全然志望動機書の内容とリンクしていない。。。。というわけで内容を志望動機近い内容に変更して書くという二度手間になってしまいました。受験される方は、なるべく早めに受ける大学がどのようなエッセーを要求しているのかを確認の上、はやめはやめに動かれるとよいと思います。

私は公共政策系の大学院しか受けていないので、他の学部ではどういった内容のものが必要とされるかは知らないのですが、他の学部でもwriting sampleの提出を求められる場合もあるようなので、アメリカの大学院を受験される方は、ご自身でチェックしてみてください。

それではまた次回!

[PR]
by ideas_blog | 2017-04-28 21:02 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

スケジュール管理 と 勉強の進め方

今晩は! アンジュです。3回目の投稿です。

今日でゴールデンウィーク前の授業が終了しました。
ゴールデンウィークは、パートナーとゆっくり「食っちゃ寝」します。
お正月休みの時のように、「通学日にパンツが入らない!」と慌てないよう、少しは動くつもりです。

今回は、アンジュの「スケジュール管理と勉強の進め方」について、コメントします。
かなり綱渡りで人生送っているので、「こんな学生でも、IDEASに進学できるんだ」と安心してもらえれば幸いです。

読者の皆さんは、学生さんや社会人の方がほとんどだと思いますので、
お手持ちの手帳やスマホでスケジュール管理をされていますよね。

アンジュもお手製ノートに、忘れないようやるべきことを記入して、安心して忘れます。
時々忘れますが、毎朝ノートを確認して、当日のスケジュールを思い出すようにしています。

勉強に関しても、いつまでに何をしなければいけないか、締切日に記載しておきます。
あとは、やるべき内容の資料を机の目に見える場所においておきます。

ここからは、「蛇ににらまれた蛙」のような関係が続きます。
やるべきことは蛇に例えられます。
やらなくてはならないアンジュは蛙で、毎日やるべき内容の資料を見ながら、がま油をダムに蓄えていきます。
この間緊張状態が続きますが、ダムがあふれそうになるまで、そのままの状態が続きます。

「ああ、もうこの緊張状態に耐えられない」となった時に、やるべきことを始めます。
ただ、たまにダムは決壊します。
その場合を、通常「バックレ」「ブッチする」と言います。
残念ながらこのオプションを選択をした場合は、確実に人望を失います。

こんな私の学習方法で皆さんが勇気をもらえたら幸いです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。



[PR]
by ideas_blog | 2017-04-28 20:47 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

IDEAS 第28期日本人研修生募集 ~MEJIKARA体験添え~

こんにちは。MEJIKARAです。

今回はタイトルをフランス料理のコース風にしてみました。←

告知:第28期の日本人研修生
IDEAS 第28期の日本人研修生の募集の要項が4月1日付けで、下記のリンクで更新されました。応募書類については、2017年5月1日(月曜)~5月29日(月曜)まで〈当日必着〉となっています。

そこの迷っているあなた!私も去年の今頃、受験するかどうか迷っていました。そんな時に、友人から「応募しないと受からないから受験しなよ!」と背中を押されて受験することを決めました!ぜひ、皆さんも奮って応募してください!


本題:MEJIKARAの体験談
去年も今年と同様に、書類選考、筆記試験、面接の流れでした。
とりあえず、あんまり先の心配をしてもしょうがないとおもうので、書類選考についてTIPSを書いておきます。

・書類
  1. 2年目の海外留学先として希望する機関は、自分のやりたいことが勉強・研究できそうな大学を具体的に調べたうえで書いておきましょう。将来働きたい機関も同様だと思います。なるべく具体的に、可能であればポジションとかまで調べる感じ?ですかね。。。当時の私は、そこまで精緻には調べきれていませんでしたが。
  2. ちなみに英訳するのに結構時間かかるので、なるべく早く取り掛かりましょう。私は日本語の内容を英訳するという形で英語のエッセ―を提出しましたが、マルガリン酸によると必ずしも一対一の英訳になっていなくてもよいとのこと。

次は筆記試験について書きたいと思います。

[PR]
by ideas_blog | 2017-04-26 20:27 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

タスクマネジメント能力

こんにちは。MEJIKARAです。いつも読んでいただき、ありがとうございます!

今回はタスクマネジメント能力について書きたいと思います。イデアスに入って身についた能力の一つとして、タスクマネジメント能力があると思います。

前期の授業は、宿題があるものも多かったので、授業や宿題をこなしながら、受験の準備を進めていく必要があります。(主に英語、GRE、志望理由書等) また多くの人は、奨学金の応募も同時並行で進めています。MEJIKARAの場合は、これに加えて、仕事もしていたので、キャパが小さい私は選択の連続でした。ここで、ある程度何をどの程度頑張って進めればいいかというような能力がついたと思います。

後期も同様で、ゼミをこなしながら、授業を受けることになります。また、夏にインターンをする場合は、インターンの応募や奨学金をもらっている人は、それぞれオリエンテーションに出る必要があります。さらに私はフランス語の勉強もあるので、またもや時間が足りなくなってます。またもや選択の連続になってます。

結構精神的につらい時期もありましたが、去年の9月からいろいろと欲張りすぎた結果なのかな、、と思っています。二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉もあるので、最初にきちんと選択すべきだったのかと今更ながら思ったり。自分のキャパをきちんと把握することは、人様に迷惑をかけないために必要なことだと思うので、これからも、さらなるタスクマネジメント能力の向上を図ります!!!ちなみにIDEASの先輩たちの話を聞いていると、進学した大学院先ではもっと苦労されているようです。。。

では、また次回!


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-24 22:58 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

イデアス隠れメリット: アジ研本体のイベントにもアクセスが可能

のりおです。今日は、一部のイデアス生すら知らない、通なイデアス隠れメリットをご紹介。


アジ研では、内部者向けのイベントなんかがあり、それにイデアス生は参加できます。
それが、結構すごい。
(ちなみに、ここにはインターネット検索で上がってくる情報のみ記述しています。)


「アジ研パワーランチ」という勉強会
e0367876_23334093.png
http://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Apl/index.html (APLセミナーのリストも載ってます)

お昼やすみに不定期で、内部の研究者もしくは招聘された方のセミナーがあります。
これは結構すごいことで、第一線の研究者の方の最新の研究報告なんかを直に聞くことができるんです。
メールとウェブサイトで内部者に告知されるだけなのに(多分)結構な出席数。



図書館でのビブリオバトル
e0367876_23413503.png
http://d-arch.ide.go.jp/idedp/ZWT/ZWT201502_019.pdf

IDEの立派な図書館では、企画展示などを頻繁にしていますが、それ以外にビブリオバトルが不定期で行われています。
登壇するのは研究者の方々でしたが、紹介されたのは一般書で、しかも頭をほぐすようなものが多く、「こういう本も読まれるのだなあ..」と妙な感心をしてしまったのを覚えています。

e0367876_23280587.jpg

ちなみに、わたしの観覧したビブリオバトルのチャンプ本を紹介した方がこちらにご自身で記録されてるのを見つけました。(笑) プレゼン能力もながら、面白そうな本を見つける嗅覚に脱帽です。


その他

あとは...なんでしょう。アンジュさんが書いているように、シャワー室が使えること。
あっ、ディズニーランドに外国人研修生を連れて行った時は、学生料金で入れました。IDEASは文科省認可の大学組織ではないですが、大学院のようなものです、と説明すると、学生料金で利用できる施設が多いです。(ちなみに聞いてみた限りでは、まだ断られたことはありません。)



以上、隠れたイデアス生のメリットを紹介しました。
また!

[PR]
by ideas_blog | 2017-04-23 12:31 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

イデアス後期授業 -地域研究

のりおです。経済学・経済学に使う数学・統計学などの研究に使う基本手法、外国人研修生とのジョイントで国際開発の実務の授業が多かった前期に比べて、後期の授業はゼミ以外の大半が「地域研究」です。

リストをみると、こんな感じ。
e0367876_21123051.png
その他、「障害と開発」、「難民」「環境」などの授業はあります。


いや〜、わたしは、とても楽しんでいます。


セレンディピティーっていうんですかね。こういうの。まったく普段思い至らないんだけど、ふとしたきっかけで知った情報が、後々考えると視野や選択肢をひろげてくれているということ、ありませんか。地域研究の授業で得る知識って、そんな感じ。

だって、先祖代々日本の庶民であるわたしが、ふつーに生きてきて、アフリカの社会保障制度や中国の有機農業についてなんて、考えてみることになった、なんてことあるわけないじゃないですか。

*セレンディピティ(serendipity)とは:
素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。[wikipedia]

わたしは世界中どこの地域のことも、また政治経済、文化、言語などどんなトピックでも面白く聴けるので、ぜいたくなカルチャーセンターのごとく喜んで教養を授かっています。

この道10年20年、ひとつの国を知り尽くした研究者の方から直々に講義いただき、興味がわけば連絡先を伺ってのちのち個別訪問もできちゃいます。いい環境にいるなあ、とつくづく思います。
e0367876_19103219.jpg


e0367876_21271870.jpg


e0367876_19102534.jpg

e0367876_21082221.jpg



[PR]
by ideas_blog | 2017-04-22 19:11 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

イデアス-入学希望者向け説明会-

お久しぶりです。マルガリン酸です。

先日、イデアスの入学希望者に向けた説明会があり、私もお邪魔してきました。

説明会の内容は、イデアス受験について、授業内容および学校生活、留学および就職などおおよそ網羅的に説明されていたかと思います。


今日のブログでは、イデアス受験に関する情報をご紹介したいと思います。


【質問1】

イデアスの試験ってどんな所を見てるの?


【回答1】

卒業後就職できるかどうかを注視しているとのことです。受験者が会社を辞める等、リスクを取って志願している点は学校側も強く認識しているので、自ずとこの点を重要視するそうです。従って今までのキャリア、思い描いているキャリア、パーソナリティ等を総合的に判断することになると思います。


【質問2】

イデアス受験に際し、英語ってどれくらい必要?


【回答2】

目安として、パンフレットに記載してある点数(TOEFL:88以上、IELTS6.5以上など)が基準になると思います。ただし、この点数を満たしていないからといって、イデアスへの出願を諦める必要は無いとのことです。その理由として、確かに語学力は判断基準の一つだが、これまでの経験などから総合的に判断することが、留学においても今後のキャリアにおいても重要であると認識しているため、とのことです。


【質問3】

イデアス出願の際に英語での志願書が必要だけど、上手に書ける自信が無いのだけど、どうすれば良い?


【回答3】

質問に答えるために、英文志願書を要求する目的は、二次試験の英語面接(この面接は英語力のみを測る面接です。) で使用するからとのことです。従って、志願書では英語能力は見ていません。以上が説明会の中で学校側がした回答です。私の場合は、自身の英語能力に自信がなかったため、日本人の英語のプロに添削してもらいました。ネットで検索すると添削サービスを実施している英語学校や、添削サービス専門のサイトなど色々あるので、語学レベルや、料金などを比較し自身に合ったサービスを利用するのもありだと思います。

ちなみに、英文志願書と和文志願書が完全に一致している必要も無いとのことです。


【質問4】

イデアスの入学者って職務経験ある人が多いみたいだけど、どれくらいの人が多いの?また、どれくらいがベスト?


【回答4】

入学者は20代半ばから30代が多いです。もちろん、新卒で入られる方も、40代以上の方もいらっしゃいます。

「どれくらいがベスト?」という質問に関しては、説明会の中で、私が頂いた質問なので、職務経験がある方に向けた私自身の個人的な考えを申し上げます。直接的な回答になっていませんが、自身の考えているキャリアから逆算することで大体の年数が把握できるかなと思います。

まず、開発業界で仕事することを考えると、最低2,3年の職歴があると良いかなと思います。(職歴が2年または3年以上あることを要求される職種が多いため)

次に、国連機関で働きたい場合はJPO試験を受験することを考慮に入れる必要があると思いますので、この試験の年齢制限である35歳が、一つの目安ではないでしょうか。一般的には、一回目の試験で受かるのは難しいと思われますので、複数回受けることを考えると、おおよその時期を設定できるのではないでしょうか。

最後に、具体的な年数ではないのですが、考え方の一つとしてPSやCVに書けるだけの経験というのが指標になると感じます。受験に際しては今までの職務経験等から得られた事を用いて、それらがどのように留学先のプログラムおよび今後希望するキャリアに関連し貢献するかを書くことになるかと思います。これを説明するだけのネタがあるかどうかを基準にすれば良いかと。この様に書くと、何だかすごい経験をしないとダメなのかなと感じますが、私自身はそんな大層な経験は持ち合わせておりません。また、職務経験と希望先の関連性が薄くても合格を勝ち取っている方も多くいらっしゃいます。今までの人生で得たことを総動員して絞り出すというイメージの方が実態に近いかもしれません。

もちろん、長い職務経験や新卒で直接留学することもそれぞれにメリット・デメリットがありますので、やはりキャリアから逆算するアプローチをとるのが間違いの少ない方法だと思います。

思い描いたキャリアの実現には常に不確実性が伴うので、この考え方で決定的な決断は出来ませんが、考え方の一つとしてお役に立てればと思います。


【質問5】

イデアス受験に際し、志望理由ってどれくらい固めてるの?


【回答5】

受験者の多くがこれから開発業界を目指しているため、業界内に精通していないことは承知しているとのこと。その上で、可能な限り将来を思い描けば受験については大きな問題は無いかなと感じます。

私自身のお話をすると、前職が民間企業だったので、開発とビジネスの分野、中でもエネルギー分野でキャリア構築をしたい理由に多くの分量を割きました。(理由以外に書けることが見つからなかったので。)書く際のネタ探しとしては、開発業界での実務経験が無いので書籍が主な情報源でした。具体的には、開発学の入門書を一冊。(学問的な概要を何となくイメージできるように)開発とビジネスに関する本を数冊。ルポを数冊(現場に近く具体的なイメージを掴むため)また、JICAやアジ研のHPも私にとっては有用でした。他には、ボランティア活動での経験を基に志望理由を作る人も多くいるのではないかと思います。ありきたりな回答ですが、こればかりは地道に固めていく以外の方法は無いというのが実感です。


徒然なるままに書きましたが、イデアス受験を考えている方々のご参考になればと思います。ではまた。



e0367876_19265318.jpg


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-21 19:20 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

佐倉市チューリップフェスティバル

のりおです。またまた遊んでる記事で恐縮です。(一生懸命勉強し、一生懸命遊び、一生懸命生活費を稼いでいます。)
「せっかく千葉にいるならシリーズ」続編です。


先日千葉県佐倉市に行ってきました。毎年春になるとチューリップフェスタが開催されているらしく、それを見に行ってきました。
e0367876_20530397.jpg
一面に咲き誇る色とりどりのチューリップ。チューリップの掘り取りもできます。
わたしは植えるところがなく断念。一緒に行った東京都内で働く友人が掘り取りやってました。ちゃんとひとところに定住する日がきたら、わたしもお花とか植えたい...。

e0367876_20533394.jpg

チューリップの綺麗さの横で興味深かったのが、東南アジアや南アジア出身の方々もたくさん会場にいた、ということ。
若い方が多かった一方、家族連れもいました。
e0367876_20552323.jpg
フィリピンやベトナムの言葉が聞こえてきたので、もしかしたら「外国人技能実習生」なのでしょうか。
本人たちに聞いてみる機会はなかったのですが、調べてみると、千葉県内の農業関係企業や食品加工企業で「外国人技能実習生」受け入れをしているようなので、本当にそうなのかもしれません。


本日は、以上です。


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-20 11:52 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

千葉にいるからには、休日おでかけパスでちょっと館山まで

のりおです。

先日、一人でぷらっと房総半島を南下してきました。
四角い教室で一人煮詰まっていると、たまには自然のなかでゆっくりもしたくなるものです。
で、千葉にいるんだから、と房総半島に足を延ばすことにしました。


それにつかったのが東京近郊でつかえるJRの休日おでかけパス。

e0367876_18110817.png


お昼ごろに出発したのでどこまでいけるかなと思ったのですが、結局随分南のほうの館山までたどり着くことが出来ました。

e0367876_18102656.jpg

だいたい、こういうゆったりとしたところにはこだわりのパン屋さんなんかあるんだろうとおもって探すと、ビンゴ。
国内産小麦のパンを手に入れ、コーヒーも仕入れて海辺へ向かいます。

ちょうど、とっても綺麗な夕日が見える時間帯でした。
e0367876_18153396.jpg
巣に帰るのでしょうか。鳥の群れが「く」の字に並んで飛んで行くのが壮観でした。
ここで、開発経済学の授業で学んだ「雁行形態論」をちらっと思い出しましたが、ここにきている目的は休養なので、そのような思考はすぐに振り払いました。


水はまだ冷たかったですが、パドリングをしている人々はとても楽しそう。この辺りにすんだら、ウォータースポーツで人生が充実するんだろうな。

e0367876_18120012.jpg

館山、また来たいです。
e0367876_18193994.jpg







[PR]
by ideas_blog | 2017-04-19 18:08 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る