世界の学窓から~進学先の学校とコースについて~

今回は、特別ゲストとしてIDEAS OBの方に執筆していただきました!!
留学先のロンドンのこと、IDEASでの生活、を先輩の目線からお楽しみください!
------------------

<ロンドン留学便り>

初めまして、イデアス26期卒の 丸腰の海老蔵 です。


27期生のお誘いにより、この度ブログに投稿させていただきます!
現在LSE(London School of Economics and Political Science)に留学しており、経済開発を学んでいます。コース名はMSc in Local Economic Developmentです。

LSEは日本ではあまり一般的に知られていませんが、イギリスでは日本の所謂一橋大学のような大学の位置付けでしょうか。社会科学に特化した大学で、経済学が特に有名です。学校はHolbornという駅の近くでまさにロンドンの中心にあります。大学の寮は学校からTubeで4駅先のところにあり、通学はロンドンのシティ(金融街)やセントポール大聖堂付近を通っています。都市型キャンパスライフです。

学校の雰囲気は慶應大学のイメージでしょうか。世界各国から優秀なエリート(+お金持ち)が集結していて、私は日々圧倒されています。LSEの学生の多くは卒業後金融機関やコンサルなどを目指す将来のキャリアに貪欲な人が多く、LSEはバンカーを輩出する予備校、なんて言われることもあります。またロンドンの中心にあることから、世界的な著名人やアカデミアンが講演することも多く、この前はアマルティア・センが講演しにいらっしゃっていました。来期はアンジェリーナ・ジョリーがLSEの授業を担当するそうです。なかなかお目にかかれない方のお話を生で聴けるのは、LSEで学ぶことの醍醐味の一つです。
e0367876_15081234.jpg


e0367876_15083334.png

LSE留学の経緯は、自分の興味関心と将来的に携わりたい分野をストレートに扱うコースがあったこと、ロンドンという好立地、大学のレピュテーション、などなどです。将来的には途上国の経済開発の政策的な側面に携わりたい、また経済開発に資する企業活動を支援したいと思っており、在籍するコースでは経済開発についての理論的側面(経済学、経済地理学)や先進国含め様々な成功・失敗事例(クラスター、産業開発、FDI、R&D、産学連携等)を学ぶ機会があり、将来のキャリアに役立ちそうな知識を習得でき満足しています。ただ授業のスピードは早く、膨大なリーディングとプレゼンやディベート、ディスカッションの準備、エッセイの執筆を同時に進めなければならず、日々格闘しています。ネイティブの学生でも図書館で必死に勉強したりノートを取っていたりしているのを見ると、やはり焦りますね。
e0367876_15083988.jpg

大学院生活は昨年9月にスタートしましたが、早くも二学期目の中盤を迎えています。今の学期は3月末に終了し、5月末に試験を受け、その後卒論執筆に専念する予定です。卒論はベトナムのグローバルバリューチェーンについて取り扱う予定で、現地での企業インタビューも企画しています。現地調査に加え日本での転職活動もあることから、6月頃帰国するつもりですが、イギリス滞在が残り5ヶ月もないと考えると・・・、留学生活が恐ろしいほどあっという間に過ぎてしまいそうです。イギリスの大学院は1年間でIntensiveなので、リーディング、レポート、プレゼン、卒論中間報告が同時にやってきます。それを毎週こなしていると、1週間1ヶ月が本当にあっという間に感じてしまいます。

と言いつつも、毎日そんな必死に勉強しているわけではなく・・・、たまの息抜きも楽しんでいます。コースメイトと飲みに出かけたり、日本からの旅行者や出張者をもてなしたり、イギリス留学中のイデアス同期と小旅行に出かけたりしています。これまでイギリス国内ではストーンヘンジやバース、ブライトン、カンタベリー、ドバー、オックスフォードなどロンドンから1-2時間で行ける周辺都市や観光地を訪れました。またロンドン・ガトウィック空港からLCCのヨーロッパ便が出ており、1-2万円でフランスやスペインにふらっと遊びに行けるのもロンドンに留学することの醍醐味です。

もしLSEやロンドンでの大学院生活に興味があり、質問などある方いらっしゃったらコメントください。お待ちしております!
[PR]
# by ideas_blog | 2017-03-06 13:50 | IDEASの先生・先輩 | Trackback | Comments(4)

外国人研修生研究発表会


のりおです。
すっかり気候は春めいてきて、花粉もルンルン飛び交う季節になりました。くしゃみが止まりません。


さて、IDEAS前期の締めくくりは、5ヶ月間一緒に時間を過ごしてきた外国人研修生の研究発表会です。
私たち日本人研修生は6月に論文を提出して卒業なのですが、外国人研修生の研修期間は3月初旬までなので、彼らは数ヶ月前から、大きな課題に取り組んできました。そして先週やっと提出、今日の発表の日を迎えました。

前の方の座席にはスーパーバイザーの先生たちが並んでいる状況での発表です。

e0367876_11181325.jpg

実務家として政府や官庁で働いてきた彼らの視点は、自国の貿易や、政策提案、日本と自国の経済比較などに及び、とても刺激的なものでした。
e0367876_14073477.jpg

来週の修了式をもって、かれらは研修課程を修了し、帰国となります。教室は、ずいぶんと静かで寂しくなるんでしょうね...。それまでいっぱい一緒に遊びたいと思います。

今までいったこともない18の途上国のことが、彼らと出会ったことでもはや「他人事」ではなくなってしまいました。
研修生たちにとっても、日本で過ごして、机上から、生活環境から、学んだことがたくさんあったらいいなあ、と思います。

今日はここまで!また書きますね。


[PR]
# by ideas_blog | 2017-03-04 12:03 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

スキー旅行

e0367876_19320954.jpg
こんにちは。MEJIKARAです。

2月末に、IDEASの日本人研修生とスキー旅行(Mt. Naeba!!)に行ってきました。

なぜ2月末かというと、IDEASは、前期が3月の上旬で終了するので、2月の終わりごろになると、勉強が少し落ち着くからです。(逆に2月の中旬頃は、レポートやらテストやらで非常に切羽つまっていました。ブログのアップも途切れ途切れでしたね。)

運がよく、スキー場の天気はよかったです。日々の行いのおかげですね←
ただ、年々体の老いを感じます。定期的に体を動かすのは非常に大切だなーと思いました。

よく考えると、9月にIDEASが始まって以降、勉強やら大学院受験やらで、遊びに行く機会など、ほとんどなかった気がします。こういうリフレッシュも、非常に大事だなーと思いました!もうすぐIDEASの前期の授業が終わり、後期に突入します。後期にも集中講義や新たにゼミがあるので、気を引き締めて後期の授業に望みます!
e0367876_19312418.jpg



また次回!


[PR]
# by ideas_blog | 2017-03-02 14:08 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

書籍紹介:「国際協力キャリアガイド」ー国際協力の会社・キャリアを知りたいならこの雑誌!

のりおです。
怒涛のレポートや試験や、確定申告(!) も一通りおわり、少しホッとしています。
正直、確定申告が学期末とかぶって、もうどうなるかと思いました。。わたしは自営業なので、毎年のことなのですが...。

でもお仕事やめられたりバイトだけになったっていって申告必要な同期もいるみたいで、こういうところに予想していなかった強敵がいた!って感じです。税金とか社会保険料とかIDEAS在籍中・留学中の住民票とか、各先輩方はどうしていたんだろう...気になる。

これに関して、何か新しい情報が得られたらまたお話できたらな、と思います。


さて、今日の主題は書籍紹介。といっても雑誌ですが。

おそらく、国際協力・開発の業界を志す方にはご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。
「国際協力キャリアガイド」を紹介します。IDEASのことをこの雑誌で知ったと言う方も多い様です。

雑誌がこちら。写真が荒くてすいません;
e0367876_11180856.jpg

毎号、様々な角度から国際協力にかかわる方へのインタビューや、NGO/NPO・会社紹介、どの様な学位が役に立つか、などが紹介されており、最新の2、3号を読むと大体業界の全体が把握できると思います。
今号は、国連広報センターの根本かおるさんや日本紛争予防センター瀬谷ルミ子さん(この方の著書を読んでわたしは感銘をうけました)から開発コンサルの方々、サッカー元日本代表の宮本恒靖さんまで様々なインタビューが満載で読み応えがありました。

IDEASやIDEAS卒業生もよく登場していますのでぜひご一読を♪

国際開発ジャーナル社



[PR]
# by ideas_blog | 2017-03-01 11:25 | 書籍紹介・参考書籍 | Trackback | Comments(0)

IDEASで起こる授業以外の諸々



のりおです。

本日は、イデアスでは、授業以外にどんなオフィシャルイベント(?)があるのかを書きます!

(1)避難訓練・消防訓練
e0367876_21284951.jpg
外国人研修生がきてすぐのころに、避難訓練がありました。防災頭巾をかぶり、迷路みたいなアジア経済研究所の中を、普段は使わない階段で抜け出します。その他、消防訓練も合わせて行われました。

(2)ビジネスセミナー
e0367876_21270041.jpg

外部の方を研修生として募集し、途上国・SDGs(sustainable development goals)などに関する世界の動向を知り、レクチャーしビジネスに活かしてもらおうという趣旨のセミナーが開催されました。これは今年からの取り組みで新しいです。外国人研修生が自国の主要産業についてプレゼンをしていました。私たち日本人研修生は、オブザーバーです。ボルネオの森保全の活動で有名なSARAYA株式会社さんの講義なども聴講することができました。

(3)外国人研修生フォローアップ研修
e0367876_21284093.jpg
IDEASで10年ほどまえに研修した方々が再来日し、1週間のフォローアップ研修をされていました。SDGsの採択などで、国際協力の状況も変わってきています。それらに関して集中的に研修を受けていたようです。私たちと同期の外国人研修生たちも、立派な中堅になってまた来日してくれるんだろうか、と思いを馳せました。

(4)交流パーティ
e0367876_21265070.jpg
集中講義や、ビジネスセミナー、フォローアップ研修の後には、ケータリングがならぶ交流パーティがあります。これらをつまみながら、研修中・講義中にはなかなか話せなかった人たちと交流することができます。

(5)農業研修
e0367876_21411894.jpg
2月の半ばに、日本の農業に関して知る1泊2日の研修があります。バスで様々な場所を訪れ、日本の農業の特徴について広く学びました。写真は、宿泊したお宿。

その他、研修旅行としては日帰りのリサイクル工場の見学がありました。


以上、ざっとですが、どんなことがイデアスオフィシャルとして起こったかを書いてみました。
様々なことを学んだ気がしますが、またこういうイベントごとで研修生同士の交流が深まり、より近い関係になれたかな、と思っています。思い返せば、それが一番大きな収穫です。

それでは、また!

[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-28 19:41 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

書籍紹介:「ユニセフではたらこう」、「ユニセフの現場から」

こんにちは。トゥルルペです。
前期ももう少しで終了です。
今日はミクロ経済学の試験があって、これで前期の試験はすべて終了。
あとは、外国人研修生を送り出すのみとなりました。

今回は、私が好きな書籍を紹介しようと思います。

和氣邦夫著「ユニセフではたらこう」、「ユニセフの現場から」

e0367876_23015485.png
e0367876_23061656.png












この2冊は、私のお気に入りで、
青年海外協力隊として活動している時に読み、
非常にモチベートされた書籍です。

国連やNGOでの具体的な仕事に関する様子がよく語られていますし、
それぞれの国連機関の特徴なども現場の視点で書かれていて、とても参考になります。
開発援助に興味があり、国連機関や国際NGOで働きたい方は、是非読んでみてください。

参考:
和氣邦夫さんインタビュー記事



[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-24 19:42 | 書籍紹介・参考書籍 | Trackback | Comments(0)

イデアス受験で青年海外協力隊の経験は評価されるのか?

こんばんは。トゥルルペです。

イデアス受験を予定されている方で、
青年海外協力隊の経験は、選考で評価されるのかという
質問を受けましたので、分かったことについて書いてみます。

結論から言うと、凄く評価されるようです!(某面接担当官に聞きました)
その理由について、私なりの解釈をすると、
イデアス卒業後に、国際開発援助業界で活躍する意思が強いと
容易に想像できるからだと思います。

ご存知の通り、イデアスは、
国際開発専門家を養成するための学校です。
先生方としては、将来、国際開発専門家として
活躍する強い意思のある人に入学してもらいたいと思っているはずです。
ですから、青年海外協力隊に参加してなお、
イデアスに入学して、国際開発援助を学びたいという人は、
開発専門家として継続して途上国の発展に貢献していく人材であると
認識されるでしょう。結果として、受かりやすくなるということだと思います。

※青年海外協力隊に参加してない人も沢山入学していますので、
※参加していないからといって、気にする必要はありません。

以上、トゥルルペ調査でした。

[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-16 10:09 | 開発について(経済開発・社会開発) | Trackback | Comments(0)

IDEAS生の海外渡航経験、調べてみました

のりおです。

今回、「IDEAS生の生態」というカテゴリをブログに新設しました。一人一人自己紹介していってますが、たまにはまとめて皆の傾向を調べて見たいと思います。私にとっても新しい発見がありそうな予感がします。

今回は、開発業界で世界中駆け回ることになるだろう同期の皆が、大体これまでにどういう海外経験を培ってきたのかざっくり聞きまわってみました。


e0367876_15413595.png
世界地図を模したイデアスパンフレットの表紙

IDEAS日本人は今季9人います。その中のアンケート結果として、

渡航国数:最小2, 最大50+
観光目的の渡航国数: 最小0, 最大43

「みんな最低1度は日本国外に出たことがあって、平均10カ国くらいに渡航したことがある」といった感じでした。50カ国以上行ってるっていうのは、異常値ですね....。


また、普通の観光旅行以外の経験をカテゴリ別に見てみると、

青年海外協力隊: 2
バックパッカー(重症): 3
交換留学: 1
海外短期ボランティア: 2
海外ホームステイ: 3
海外出張: 3
海外居住経験(幼少期): 1
海外居住経験(海外就職): 1
海外居住経験(会社派遣): 1

[複数項目に同一人の重複あり。]

という結果が出ました。

こう見ると、海外に行ったことがある人ばかりに見えますが、1人が3カテゴリに渡ってカウントされていることもあるので、みんながみんな海外経験豊富なわけではありません。
みんな、日本人平均からみると個性的すぎるほどですけどね。。その素地が培われたのは必ずしも日本国外、というわけではなさそうでした。

海外出張経験者は案外多かったです。もっとも、そのうち一人は、「主にビルの中で過ごしていてあまり街を見ていない...」と言っておりましたが。

あ、そうそう青年海外協力隊経験者でIDEASにくる人は、毎年と言っていいほどいるそうです。
今季にも2人いますね。イデアスOB/OGの方の話として、JOCVの先輩方にイデアスのことを聞いたから来た、JOCVの2年間が終わって、進路に迷った時に読んだ雑誌にイデアスが載っていたので興味を持ったというきっかけも聞きました。


今日はここまで。ひとそれぞれ色んな経験を持ってるんだなとわかった企画でした。



[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-14 12:02 | IDEAS生の生態 | Trackback | Comments(0)

基本統計学

こんにちは。MEJIKARAです。

IDEASの授業の中で、「統計学」の授業があります。最初に統計学と聞いたときは、イメージがあまり湧かなかったので、「ふーん」ぐらいにしか思っていませんでしたが、実際にやってみると「む、、、難しい。。。」となりました。

統計自体は、様々なところで身近に使われているので、統計データを読むこと自体には、親近感がわきます。ただ、回帰分析の理論や実際のデータを使った手続き自体は煩雑なことが多く、「基本統計学」だけの状態でも手一杯です。ただ、この技術はさまざまな局面で応用可能だと思うので、しっかりと身に着けたいと思います。なお、統計学の授業は、研究者の先生が教えてくださるのですが、計量モデルの話を聞いているだけで、気の遠くなるような作業をしているのだなということを思い知らされます。

ちなみに、IDEASと同じ建物の中に、国連アジア太平洋統計研修所という、統計の研修機関が入っています。
統計と経済は切っても切り離せないので、IDEASを志される方は高校までの数学を簡単に復習されることをお勧めします。


e0367876_12544997.jpg

[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-13 18:14 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

大学院出願書類について: PSと推薦状(私の失敗談とともに)

のりおです。

今回は、留学準備に必要な書類について、書いていきます。
この項目については、すでに留学エージェントウェブサイトや個人の留学準備ブログなどに詳細な情報が載っていますので、経験者からのアドバイスという形で記述しています。その他の情報ソースもご参照くださいね!


Personal Statement [志望理由書]

Personal Statement (以降PS)は、いかに大学入試担当者に希望コースに自分が適しているかを伝えるために書きます。自分の経歴の範囲を最大限に生かして、何度も何度も下書きをします。TOEFLやIELTSのアカデミックライティングの能力を伸ばしておくと、このPSを書くときに楽ですよ。

また、自分の言葉で書くこともお勧めします。フォーマットなどがインターネットに落ちてますけど、正直入試担当官はPSを読むエキスパートですから、他人の書いたものを切りはりしても魅力的に映らないのではないかなと思います。(もちろん、サンプルに乗っている効果的な表現っていうのは学んで利用しますよ!)

しかし、推敲に推敲を重ねていると、何が何だかよくわからなくなってくる事もあります。恥ずかしいですが、なるべくクリティカルに意見を言ってくれる友人知人にチェックをお願いすると、自分では見えなかった弱点が結構見えます。
e0367876_20361456.jpg
あと、私の場合、2・3日全く目の触れないところに放置寝かせて読み直すと、新鮮な視点で読めたかな、と思います。



Reference /Recommendation Letter [推薦状]

日本のAO入試のように、自分の指導者からの推薦状が、大学進学に必要です。
推薦状は出願する大学によって1通、2通または3通必要です。大学のウェブサイトの、Admission のカテゴリの中に大体書いてあるはず。(たまに、とっても応募要件が探しにくいウェブサイトがあるんですよねえ...情報量が多い分....)
まあ、よっぽどのことがない限り2通までのところが多いです。主に、学術的な能力があるということを証明してくれるような推薦状が求められるため、自分の卒業した大学の先生、もしくはIDEASの先生にお願いします。実は私の場合、訳あって(訳は聞かないでください)大学時代の先生に推薦状を頼むことが不可能だったので、IDEASの先生がたに本当にお世話になりました。かなりお忙しいはずなのに、嫌な顔一つせず、推薦状送付を承諾してくださった先生たちには感謝しかありません。

推薦状書きは、先生たちにとっても簡単な作業ではないので、早め・早めに先生たちに依頼しましょう。場合によっては自分であらかじめ下書きを作ってお渡しすることもあります。こうなると、こちらもなかなか大変。
そして、海外進学を考えている場合、先生が推薦状を書いてあげたいと思ってくれるような振る舞いで日本での学生生活を過ごしましょう。



今日はここまで。
最後に、私は相当ダメな人間ですが、それでもなんとかイギリスの大学院に合格をいただけたので、今から受験される方も大丈夫だと思います、と申し添えておきます(^^;)


[PR]
# by ideas_blog | 2017-02-12 19:45 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る