タグ:国際協力 ( 27 ) タグの人気記事

中継: 集中講義!

のりおです!IDEASでは、現在集中講義の真っ只中。今日は4日目と、佳境を迎えています。

あしたはいよいよ最終日。今日までに学んだ理論、フレームワーク、ケーススタディを生かしてプレゼンテーションをします。クラスは初日から4チームに分けられていて、議論の時間が授業中にも設けられていました。そんなウォームアップを経ていよいよ、本腰入れてチームワークを発揮するときがきました。

グループプレゼンテーションに向けて、授業終わりの5時から話し合い開始。ただいま小休憩中。

この英語の資料の多さ...
資料は配布はデジタルで行われ、その中から印刷が必要だと思った分のみ印刷したのに、これですよ。
e0367876_19235561.jpg
これだけ読むべき資料が多いので、日本人研修生同士で、"ブリーフィング"という各自で役割分担しての書類の内容まとめの読み合わせを行ったりしていました。仲間といかに協力して生き残るかが、ここIDEASでも、また留学先でも、そして仕事先でも大事だと思っています。


さて、プレゼンテーションの準備はまだまだ終わりそうにないですが、外国人フェローはさすがは皆行政のプロフェッショナルとして仕事をしてきた人たちです。みんなで配られた事例を読み込んで問題点を洗い出したあと、仕事をそれぞれに割り振って自分のパートに注力しています。日本人研修生も負けていられない。
そして、色々な国際協力の現場を見てきた「当事者」の人たちもいるわけです。授業のときには積極的に質問をするし、議論にも熱がこもっています。時折白熱して、4・5人が一気に話すものだから、「一人ずつ話して!!」と止めるのが精一杯。開発業界で働きたいならば、ファシリテーターとしての技術も磨かないといけないなあと思います。。

今日はここまで。このとても刺激的な集中講義の事は、追って他のメンバーも書いてくれる予定です。
それでは!




[PR]
by ideas_blog | 2017-02-02 19:10 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:3人目

はじめまして、IDEAS27期生のハナです。
e0367876_21033044.jpg
マルガリン酸さんと同様、神奈川県出身です。
大学の時にイギリス、コスタリカの国際NGOでボランティアをしたのがきっかけでこの業界(国際協力)に足を踏み入れてしまい、その後も就職が決まっていたにもかかわらず青年海外協力隊に入ったり、世界で三番目に殺人率が高い国で仕事をしてみたりと、親泣かせな人生をおくってまいりました。

こんなめちゃくちゃな私ですが、約10年以上国際協力分野にかかわってきた中で自分なりに出した答えが「教育と開発」でした。

他の同期とちがって、私がIDEASにはいった理由は留学ありきではなく、自分のこれまでの開発途上国でのキャリア経験を、一度立ち止まってアカデミックな観点から見直したいと思ったのがきっかけです。なので(留学もできたらありがたいですが)、留学よりも自分の夢に向かってどういう道を歩んでいくのがベストか、今IDEASで勉強をしながら日々考えています。

IDEASのいいところは、自分の進みたい専門分野の第一線で働いていらっしゃるIDEAS卒業生や先生方にもたくさんアドバイスをいただけることです。
そして、日本にいながら、世界18か国+日本人の友達ができること。

長らく机に向かって「勉強」することがなかった、そして電車通学が苦手な私には毎日幕張に通って授業をうけるのはけっこう大変ですが、有意義な1年間にしたいと思っています!!!







[PR]
by ideas_blog | 2017-01-29 20:38 | 自己紹介 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:2人目

はじめまして。イデアス27期生のマルガリン酸です。
自己紹介をしながら、私がイデアスで勉強しようと思った経緯をご紹介したいと思って投稿させて頂きました。

簡単な自己紹介:マルガリン酸
e0367876_19264729.jpg






神奈川県生まれで前職はプラントエンジニアリング会社で働いていました。
小学校からサラリーマン生活まですべて同県内で過ごしてきたドメスティックな経歴です。
 
イデアスに入ったきっかけとしては、発展途上国が抱えるエネルギー問題の解決に貢献したいという事が最大の理由になるかなぁと思います。貢献の方法って色々あると思うんですけど、私は開発専門家という立場からこの問題に携わりたいと思ったんです。なので、イデアスで勉強してイギリスで修士を取ってこの業界に飛び込もうと決意するに至りました。

簡単ですが、以上が私の自己紹介と入学の経緯です。


[PR]
by ideas_blog | 2017-01-28 12:00 | 自己紹介 | Trackback | Comments(0)

書籍紹介: 国際協力ってなんだろう

皆さん、

こんにちは。MEJIKARAです。

国際協力に携わりたい!と考えている方へ、手軽に読める本として、
「国際協力ってなんだろう」という文庫本があります。

国際協力の分野は非常に多様化していて、
例えば、貧困削減、ジェンダー、母子保健、環境問題等さまざまです。

この本の中では、それぞれの分野における専門家の方々が、
開発の潮流や問題をとても分かりやすく解説しているので、
非常におすすめの本となっています。ぜひ皆さんも読んでみてください。

e0367876_22551876.jpeg



[PR]
by ideas_blog | 2017-01-27 08:22 | 書籍紹介・参考書籍 | Trackback | Comments(0)

「大学院留学」準備校としてのIDEAS(2): 受験や進路面談のスケジュール[前半]

こんばんは!のりおです。
今回は海外大学院進学のためのIDEASでの準備について書いていきますね。

まず、IDEASのプログラム概要って以下のような感じです。
e0367876_16280807.png

















IDEASウェブサイト より。

わたしたち日本人研修生は1年間のプログラムの中で、開発論や経済学・統計、英語なんかをみっちり学び、また外国人研修生と一緒に外部講師の先生の集中講義などにも参加します。

それと同時並行で行っていくのが海外大学院への進学の準備。

IDEAS入学の9月以前から準備をはじめて11月には出願を始める人もいれば、進路を決めあぐねていたり、英語資格のスコアを取ることに集中した後1月・2月ごろから出願しだす人もいます。
(というわけで、実はこのブログを書いている1月後半というのは目下出願シーズンなわけです。)
それゆえ、一概には言えないのですが、だいたいこのくらいのペースで進みますよ、というのをお伝えしようと思います。
IDEAS入学前から書きますね。


5月 IDEAS応募
6月 IDEAS筆記試験面接試験
7月初旬 IDEAS合格発表

6月~8月でやっておきたいこと: IELTSやTOEFLの英語スコアの向上/自分で大学のリサーチ/ フルブライトなど奨学金のいくつか、国連平和大学への応募は締め切りが早いのでこの時点で希望者は応募しておきます。海外に進学したい日本人への奨学金は限られていますからね...ちなみに私はボケボケしていたので機会を逃しました。皆さんはこの辺り抜かりなく。

9月IDEAS授業開始。
9月初旬 入学して、オリエンテーションがあって早々に第一回の進路面談があります。
面談はゼミ担当の先生たちを中心に、5(先生)対1(生徒)くらい。入学したてなのにいきなり先生たちを目の前にして、自分の考えている進路について話します。ちょっと緊張...。
自分の考えを言う以外に、あらかじめわたしたちのイデアス応募時の書類なんかをみてこういう学校が合うんじゃないか、進路が合うんじゃないか、と目星をつけてくださっている先生がたからアドバイスがもらえます。
さすが業界を熟知しているだけあって、自分では思いもよらなかった情報がもらえたり、自分の希望している大学の、実際の雰囲気を教えてもらえたりします。
ちなみに、私の場合、サセックス大学を希望していたのでその旨を話すと、サセックス大学に研究員として滞在していた先生方から、「うん、いいんじゃない、多分サセックス合うよ」という言葉をいただき、とても励みになりました。
9月下旬 外国人研修生が、各国からやってきます。彼らは途上国政府の行政官。ここからスクールが一気にカラフルで賑やかになります。彼らは6ヶ月弱しか日本にいないので、仲良くなりたいとおもったら即行動。忙しい出願の合間をぬってパーティーをしたり観光にいったりします。割と「必死に遊んでいる」感がありますが、プレッシャーを感じる日々の中で、いい息抜きになります。

9月~11月は、開発経済学を学ぶ基礎となる学問分野と英語を主に勉強します。経済学や数学、英語に馴染みがなかったり苦手な人間にとっては苦しい時期。課題も多く、同時並行で進路のことをすすめるのになかなか苦労します。
IELTSやTOEFLといった英語試験を受けて、大学院合格に必要なスコアの取得を目指します。(スコアがたりない場合、合格がもらえないところと、条件付き合格はもらえるが現地で英語コースに通う必要があるところがあります)試験は週末に頻繁に行われますが、1回試験を受けるのに2万円以上もかかるので、お金を貯めておきましょう...

11月中旬 第2回目の進路面談。この時までに、だいたい行きたい学部の方向性を決め、学校ごとのウェブサイトを見たり、入試オフィスにメールを出したりしてどんな先生がいるか、どんな授業があるか、卒業生の進路はどんな感じか、など調べておきます。


疲れてきたので、ここから先は次回にしますね。笑;

それでは、また!

[PR]
by ideas_blog | 2017-01-26 19:17 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

「大学院留学」準備校としてのIDEAS (1): 先輩たちの進路

こんばんは!のりおです。ちなみに前回言い忘れましたけど、女子です!

さて、今回はIDEASにおける大学院留学(進学)のための指導のお話(1)です。
IDEASに入学してくる人たちは、ほとんどが卒業後に海外の大学院に進学します
IDEASの目的は、「開発専門家の養成」。
で、開発の分野って、就職時に修士号を持っていることがけっこう求められるんです。
国連で働きたい、国際NGOで働きたい、研究者になりたいと思ったら、大学であらかじめ修士号や博士号を取り専門性を高めておくのが王道。それゆえ、開発の分野に進路を進めたいと思うと大学院に行くことが多いんですね。
日本国内でも国際開発に関する大学院のプログラムは増えてきましたけど、やっぱり歴史が長いのはイギリスやアメリカの大学院。国際開発に携わろうとおもうと、英語や他言語の能力は必然的に必要となってくるので、語学能力の向上のためにも、海外に進学しようとおもう人が多いようです。

先輩たちの進学先は、以下の通り。ロンドン大学SOASやサセックス大学、マンチェスター大学、コーネル大学など開発学の分野で世界的に有名な大学や、ケンブリッジ大学、ハーバード大学など言わずと知れた名門大学が目立ちます。他にも、コスタリカにある国連平和大学やアジアの名門シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院にも複数人進学しています。e0367876_16023663.png



















IDEASウェブサイト より

詳しい情報はパンフレットに載ってますよ♪


これらの大学院進学のための準備と出願、そして奨学金の申請も、入学後(人によっては入学前から!)に授業と並行して行ってゆきます。
具体的な準備スケジュールなんかについては、次回書きますね!

それではまた。




[PR]
by ideas_blog | 2017-01-25 17:20 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由: 1人目

こんにちは。
IDEAS27期生の"のりお"です。
MEJIKARA(彼の自己紹介はこちら。)がBlogを作ってくれたので、これから少しずつ書いていきます。どうぞお付き合いください。
ちなみにブログのタイトルがシリーズっぽいですが、私が独断でつけたものです。誰かが乗っかってくれることを望みます。(中の人はこれくらいゆるっゆるです。すいません)

とりあえず、初めの1記事なので、自己紹介を。
IDEASに入学してくる人たちは、ある程度社会人経験がある人が多いです。そのなかで私は、おそらくちょっと変わった経歴を持っています。(ちなみに一番変わっているというわけではありません、残念ながら。)
学生時代には一人で海外を旅してばかりしていました。海外旅行といっても貧乏旅行でしたけど。つまるところのバックパッカーだったわけです。たくさんの国でその地域の人たちにとても良くしていただきました。
そのあと、就職せずにフリーランサーの道へ。(カテゴリ的には個人事業主です。確定申告も自分でします!)
大学で英語やコミュニケーションを学んでいたので、それを役立てて観光や英語研修事業をしていました。新卒でも、なんとかそういうことが可能になった世の中に感謝.....。

大学院でもっと勉強したい、という気持ちは大学卒業くらいから持っていたものの、どんな進路に進みたいのか自分でもよくわからず...長ーい自分さがし(?)を経て、大学院で専攻したい方向性が開発人類学に固まったので、その準備と開発学の基礎固めのつもりでIDEASに入りました。

国内の大学院をいろいろ見比べたりもしてたのですが、その上で学位は出ないIDEASに入学しようと決めました。
*学位が出ないってどういうことかというと、IDEASは文部科学省認定の学校ではないので学位がでないのです。"post graduate diploma"(学位取得を伴わない大学院レベルの修業証書。 多くの場合、プログラムは修士号と同じ内容になっていますが、論文の提出は必須ではありません。by Beo )というサーティフィケイトが出るので海外向けには大学院と同位としてみなされるらしいのですが、日本国内向けには、説明するのがちょっと難しいですね...。

学位がでないのはデメリットなのかもしれないけれど、それ以上のメリットがIDEASにはあると思っています。
私にとっての決め手は、一流の研究者の方々を講師とした授業を幅広く受けられること、その研究者の方々に進路相談にのってもらえること、海外からの研修生との授業があること、あとは説明会の時の先生の雰囲気、でした。学ぶ環境、一緒の時間を過ごす人たちの雰囲気って本当に大事。

これから開発の分野を志したい、でもまだこの道があっているのか確信が持てない...まったく知識がないまま海外の大学院に進学するのが不安...自分一人で準備なんてできるんだろうか...そんな人にこそ、ここにきてもらいたい。
私がIDEAS入学前にはわからなかったけれど入ってわかったさらなるメリットなんかについてはまたの機会に書きますね。

もし何か現役生に質問があるなんて方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
また、IDEASが気になっているという方は、事務局に連絡すると見学も気軽にできますので、実際見にこられるのも大歓迎です。

それでは皆さん良い週末を!



[PR]
by ideas_blog | 2017-01-20 15:53 | 自己紹介 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る