タグ:国際協力 ( 35 ) タグの人気記事

イデアスに入ってから分かったこの学校の良さ

のりおです。最近お天気がすごく良くて、イデアスの入っているアジア経済研究所の近くにある高校の桜が、すでに開花していてびっくりしました。また、花粉症もピークのようで、目がもげそうです。

さて、今日はイデアスに入ってから分かったこの学校の良さを少しばかり紹介したいと思います。

1. 一流の研究者や実務者と知り合える
大学院進学の準備をしながら、自分が専攻する予定でない分野も幅広く学べ、またアジア経済研究所に所属する研究者の方々の中に自分の興味関心と近い研究をされている方が居たら、アポを取って会うこともできます。そうして卒業論文を書き上げていくのが筋みたいですね。

2. 数学や経済学、統計学の基礎をしっかり学べる
社会科学系であっても、少なくとも論文を読みこなすには基本の経済学の知識は持っておいた方がいいと思います。
わたしも、もともとマクロ経済学とミクロ経済学の違いすらもわからないくらいだったので、ついていくのが大変でしたが、ひよっこながら新しい視野で物事を見られるようになりました。

e0367876_17253831.jpg

統計は、様々な本で言われているように、身近な事象を自分で読み解くにも役に立ちますし、メディアの嘘を見抜く素養にもなります。この機会に一生懸命学んでおくと、キャリアにおいても、それ以外でも自分の味方になってくれるスキルじゃないかと思います。

e0367876_17245254.jpg


3. 友達ができる
まず日本人研修生は少人数で1年間過ごします。つらい受験期や奨学金応募期に励まし叱咤し合える友人というのは本当に重要です。多分わたし一人じゃこのプロセス乗り越えられていませんでした。留学先の大学が違っても、例えば同じイギリス内だと一緒に旅行に行ったり、ということを先輩方はされているので、ぜひ私たちも...と思っています。

また、外国人研修生たちと触れ合うことで、自分の知らなかった国のことを知れます。知らなかったご飯が食べられる。自分と全然違う視点の素朴な質問にはっとすることがある。自分よりもめちゃめちゃ優秀な外国人研修生の給料を聞いて愕然とする、など日々味わえない刺激でいっぱいです。

e0367876_17240004.jpg


さらに、いままでのブログでも複数人が言及していましたが、IDEASはタテのつながりの強いので、OB/OGの方々からとっても身になるお話を聞かせていただける機会もたくさんあります。
e0367876_17221342.jpg


4. 手厚いサポート、あたたかな事務局の雰囲気
スタッフの皆さんが、イデアス生ひとりひとりを気にかけてくださるので、気持ち良く過ごせます。(ただし調理器具は持ち込ませてくれない) 。皆様素敵なお人柄で、少人数だからこそ柔軟に対応していただけるのがありがたいです。
e0367876_00405325.jpg

ちなみに上の絵は、イデアス受験の時に、先輩方が書いてくださったメッセージと事務局の皆さんの似顔絵です。
これを見て、緊張が解けたのを覚えています。いま見ても、イデアスの雰囲気を良く表しています。


さて、とりあえずはこんなところでしょうか。IDEの施設を使える、なんて利点ももちろんありますが、主にイデアス内部に関して、入ってわかったいいところをご紹介しました。


[PR]
by ideas_blog | 2017-03-20 12:56 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

UNRISDディレクターLadd先生の特別講義


こんにちは。MEJIKARAです。
IDEAS後期課程が始まりました!

特別講義でPaul Ladd先生が講義をしてくださいました!Paul先生は、国連のUNDPで約10年間働いてた経験がある実務経験が豊かな先生です。現在はスイスのジュネーブのUNRISDという機関に勤務されています。Paul先生の経歴については、以下に紹介されています(英語)


今回の講義ではMDGsとSDGsの比較を交えながら、達成のアプローチや今後の展望、UNRISD(United Nations Research Institute for Social Development)について話してくださいました。開発の多面性(例えば日本は、経済的には先進国であるが、女性の社会進出においては後進国)という事実や一般の人をどのようにSDGsの達成にどのように巻き込んでいくかというディスカッションを行い、非常に有意義な時間となりました。

e0367876_17140266.jpeg

講義後はランチを一緒にさせて頂きました。国連で働くというキャリアについて、どのようにキャリア構築をすべきかというアドバイスまでいただくことができ、非常に貴重な機会となりました。また、東京散策についての話など、ざっくばらんにカジュアルなお話もでき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

では、また次回!







[PR]
by ideas_blog | 2017-03-19 17:01 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

前期修了式、そして外国人研修生卒業

こんにちは。MEJIKARAです。

3月の上旬に、IDEASの前期の卒業式がありました。

外国人研修生18人と日本人研修生9人が無事前期の授業を終え、ついにポストグラジュエイトディプロマを授与されました!!!卒業式には、JETROの理事の方々や、多くの来賓の方々や、外国人研修生のホストファミリーの方々、お世話になった先生方が出席してくださいました。いつになっても、学位を授与されるということは非常に感慨深い瞬間でした。これらも、学位に恥じないよう、勉学にさらに励みたいと思います。

e0367876_17165860.jpeg
[学位名はPostgraduate Diploma in Development Studies]

外国人研修生のプログラムは、前期で帰国してしまうので、後期は日本人だけのプログラムとなります。後期は、アジア経済研究所の強みである地域研究を活かした、地域研究をトピックとした授業が多く行われるようなので、楽しみです。授業についても、このブログで少しずつアップロードしていければと思っています~。

では、また次回!


[PR]
by ideas_blog | 2017-03-18 16:26 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

イデアスを選んだ理由~7人目


こんにちは。アンジェです。

私は大学で日本の中世の歴史を専攻してから、ずっと同じ日本の化粧品会社で美術館運営、カスタマーリサーチ、コンピューターシステム管理・設計・プログラミング、スキンケア処方開発、皮膚研究、社内広報誌作成を担当していました。社内で組合とCSR活動で日本のNGOの方々と交流を持ったことがきっかけでイデアスを知り、受験して学生になりました。

今の私は転職して国際開発分野で活躍したいという野心的な気持ちよりも、大学時代全く勉強していなかった国際開発分野をもっと深く知りたいという気持ちが先行しています。私自身が身体障がい者であること、女性の多い職場で働いていたことから、障がい者と性的マイノリティーを含むジェンダー支援について興味があります。

e0367876_23213837.jpg
似顔絵の、中央下が私です。

イデアスでは、世界中の地域の開発学を研究されている研究者の方々から、最新の研究内容を直に授業として学べるだけでなく、世界中の大学や研究機関・国際機関の研究員の方々との交流で所内の研究者向けに勉強会が開催され、それに参加できること、前期の授業は、アジア・アフリカ諸国の政府機関から派遣されてきた研修生と一緒に勉強しながら国際交流できることも魅力です。私は、英語でレポートを書くこと・プレゼンをすることに不慣れだったため、英語を使うことを鍛えられることもイデアスの魅力であり、大変さだと認識しています。

皆さまへのアドバイスは、他の研修生は外国人も日本人もとても優秀で、自分がとても出来の悪い学生だと落ち込みそうになりますが、「他人と比較するのではなく、自分がやりたいこと・やるべきことを着実にこなしていくこと」と「心身の健康を保つため、生活習慣・通学に負担を掛け過ぎないよう気を付けること」です。前期は授業への出席、テスト・レポート作成・プレゼンの準備に加え、留学のための英語テストの受験と、進学先の海外の大学院の選定と出願、人によっては奨学金受給のための調査・出願・試験と、心が折れそうになるので、他人と比べずに、自分がやるべきことを見失わず、1つ1つ処理していく必要があります。自己責任で一人でやらなくてはいけないことですが、学校の先生や同期の学生へ相談すると、支援してもらえ、励ましてもらえます。挫けずに頑張ることが大切です。

皆さんもぜひイデアスで学んで、国際社会に羽ばたいて下さい。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-15 09:38 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

世界の学窓から~進学先の学校とコースについて~

今回は、特別ゲストとしてIDEAS OBの方に執筆していただきました!!
留学先のロンドンのこと、IDEASでの生活、を先輩の目線からお楽しみください!
------------------

<ロンドン留学便り>

初めまして、イデアス26期卒の 丸腰の海老蔵 です。


27期生のお誘いにより、この度ブログに投稿させていただきます!
現在LSE(London School of Economics and Political Science)に留学しており、経済開発を学んでいます。コース名はMSc in Local Economic Developmentです。

LSEは日本ではあまり一般的に知られていませんが、イギリスでは日本の所謂一橋大学のような大学の位置付けでしょうか。社会科学に特化した大学で、経済学が特に有名です。学校はHolbornという駅の近くでまさにロンドンの中心にあります。大学の寮は学校からTubeで4駅先のところにあり、通学はロンドンのシティ(金融街)やセントポール大聖堂付近を通っています。都市型キャンパスライフです。

学校の雰囲気は慶應大学のイメージでしょうか。世界各国から優秀なエリート(+お金持ち)が集結していて、私は日々圧倒されています。LSEの学生の多くは卒業後金融機関やコンサルなどを目指す将来のキャリアに貪欲な人が多く、LSEはバンカーを輩出する予備校、なんて言われることもあります。またロンドンの中心にあることから、世界的な著名人やアカデミアンが講演することも多く、この前はアマルティア・センが講演しにいらっしゃっていました。来期はアンジェリーナ・ジョリーがLSEの授業を担当するそうです。なかなかお目にかかれない方のお話を生で聴けるのは、LSEで学ぶことの醍醐味の一つです。
e0367876_15081234.jpg


e0367876_15083334.png

LSE留学の経緯は、自分の興味関心と将来的に携わりたい分野をストレートに扱うコースがあったこと、ロンドンという好立地、大学のレピュテーション、などなどです。将来的には途上国の経済開発の政策的な側面に携わりたい、また経済開発に資する企業活動を支援したいと思っており、在籍するコースでは経済開発についての理論的側面(経済学、経済地理学)や先進国含め様々な成功・失敗事例(クラスター、産業開発、FDI、R&D、産学連携等)を学ぶ機会があり、将来のキャリアに役立ちそうな知識を習得でき満足しています。ただ授業のスピードは早く、膨大なリーディングとプレゼンやディベート、ディスカッションの準備、エッセイの執筆を同時に進めなければならず、日々格闘しています。ネイティブの学生でも図書館で必死に勉強したりノートを取っていたりしているのを見ると、やはり焦りますね。
e0367876_15083988.jpg

大学院生活は昨年9月にスタートしましたが、早くも二学期目の中盤を迎えています。今の学期は3月末に終了し、5月末に試験を受け、その後卒論執筆に専念する予定です。卒論はベトナムのグローバルバリューチェーンについて取り扱う予定で、現地での企業インタビューも企画しています。現地調査に加え日本での転職活動もあることから、6月頃帰国するつもりですが、イギリス滞在が残り5ヶ月もないと考えると・・・、留学生活が恐ろしいほどあっという間に過ぎてしまいそうです。イギリスの大学院は1年間でIntensiveなので、リーディング、レポート、プレゼン、卒論中間報告が同時にやってきます。それを毎週こなしていると、1週間1ヶ月が本当にあっという間に感じてしまいます。

と言いつつも、毎日そんな必死に勉強しているわけではなく・・・、たまの息抜きも楽しんでいます。コースメイトと飲みに出かけたり、日本からの旅行者や出張者をもてなしたり、イギリス留学中のイデアス同期と小旅行に出かけたりしています。これまでイギリス国内ではストーンヘンジやバース、ブライトン、カンタベリー、ドバー、オックスフォードなどロンドンから1-2時間で行ける周辺都市や観光地を訪れました。またロンドン・ガトウィック空港からLCCのヨーロッパ便が出ており、1-2万円でフランスやスペインにふらっと遊びに行けるのもロンドンに留学することの醍醐味です。

もしLSEやロンドンでの大学院生活に興味があり、質問などある方いらっしゃったらコメントください。お待ちしております!
[PR]
by ideas_blog | 2017-03-06 13:50 | IDEASの先生・先輩の寄稿など | Trackback | Comments(4)

外国人研修生研究発表会


のりおです。
すっかり気候は春めいてきて、花粉もルンルン飛び交う季節になりました。くしゃみが止まりません。


さて、IDEAS前期の締めくくりは、5ヶ月間一緒に時間を過ごしてきた外国人研修生の研究発表会です。
私たち日本人研修生は6月に論文を提出して卒業なのですが、外国人研修生の研修期間は3月初旬までなので、彼らは数ヶ月前から、大きな課題に取り組んできました。そして先週やっと提出、今日の発表の日を迎えました。

前の方の座席にはスーパーバイザーの先生たちが並んでいる状況での発表です。

e0367876_11181325.jpg

実務家として政府や官庁で働いてきた彼らの視点は、自国の貿易や、政策提案、日本と自国の経済比較などに及び、とても刺激的なものでした。
e0367876_14073477.jpg

来週の修了式をもって、かれらは研修課程を修了し、帰国となります。教室は、ずいぶんと静かで寂しくなるんでしょうね...。それまでいっぱい一緒に遊びたいと思います。

今までいったこともない18の途上国のことが、彼らと出会ったことでもはや「他人事」ではなくなってしまいました。
研修生たちにとっても、日本で過ごして、机上から、生活環境から、学んだことがたくさんあったらいいなあ、と思います。

今日はここまで!また書きますね。


[PR]
by ideas_blog | 2017-03-04 12:03 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

書籍紹介:「国際協力キャリアガイド」ー国際協力の会社・キャリアを知りたいならこの雑誌!

のりおです。
怒涛のレポートや試験や、確定申告(!) も一通りおわり、少しホッとしています。
正直、確定申告が学期末とかぶって、もうどうなるかと思いました。。わたしは自営業なので、毎年のことなのですが...。

でもお仕事やめられたりバイトだけになったっていって申告必要な同期もいるみたいで、こういうところに予想していなかった強敵がいた!って感じです。税金とか社会保険料とかIDEAS在籍中・留学中の住民票とか、各先輩方はどうしていたんだろう...気になる。

これに関して、何か新しい情報が得られたらまたお話できたらな、と思います。


さて、今日の主題は書籍紹介。といっても雑誌ですが。

おそらく、国際協力・開発の業界を志す方にはご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。
「国際協力キャリアガイド」を紹介します。IDEASのことをこの雑誌で知ったと言う方も多い様です。

雑誌がこちら。写真が荒くてすいません;
e0367876_11180856.jpg

毎号、様々な角度から国際協力にかかわる方へのインタビューや、NGO/NPO・会社紹介、どの様な学位が役に立つか、などが紹介されており、最新の2、3号を読むと大体業界の全体が把握できると思います。
今号は、国連広報センターの根本かおるさんや日本紛争予防センター瀬谷ルミ子さん(この方の著書を読んでわたしは感銘をうけました)から開発コンサルの方々、サッカー元日本代表の宮本恒靖さんまで様々なインタビューが満載で読み応えがありました。

IDEASやIDEAS卒業生もよく登場していますのでぜひご一読を♪

国際開発ジャーナル社



[PR]
by ideas_blog | 2017-03-01 11:25 | 書籍(動画)紹介・参考書籍 | Trackback | Comments(0)

IDEASに入った理由:5人目

e0367876_00242015.jpg

Mulembe こんにちは 
Marjay(マジェ)です。Mulembeはウガンダのバギス語でこんにちは
Marjayはリベリアのバッサ族の友達がつけてくれたミドルネームです。

はい、この2つの言葉と名前がキッカケで、私は脱サラ娘となりました。
(写真のウガンダのバギス族の友達が、私の魂を半分アフリカに持ってってしまいました 笑)
この話はオイオイ、書けたらと思いますが、、、

私がIDEASに入った理由は、
国際協力への関心と疑心020.gifをもっていた私にとって、その2つの相反する気持ちを、ちょっとは消化させてくれそうな場所だと思ったからです。(IDEASでは経済開発、社会開発、両方の側面から国際協力について学ぶことができます。)

アフリカ*の生活を、現地友人宅での滞在から垣間見た私は、色々問題があって、いちいち色々大変で、何か出来たらいいなぁと思う反面、昔から「国際協力」という言葉に偽善めいたものを感じていました。
なんかできたらいいけど、でも偽善な気もするし、うーん・・という、偽善を否定して結局何もしないサイクルに陥っていた私が、いい意味で諦めて、「やらない善より、やる偽善」と心を決めたのが、社会開発論の佐藤寛先生の言葉でした。

*IDEASは「アジア経済研究所開発スクール」と言いますが、アジアに限らず途上国全般が研究対象エリアです。外国人研修生はアジア、アフリカ各国から来ています。日本人研修生の同期には、ラテンアメリカを研究対象にしている人もいるので、「アジア」という名称に囚われず、途上国全般のことを学べます。

e0367876_01015687.jpg

煮え切らない想いで、とりあえず参加してみたIDEASの公開講座*で、佐藤寛先生の講義後に、開発に否定的な意見を投げかけました。たしか、農業生産性をあげた開発事例などの講義だったかと思うのですが、「現代ではオーガニック志向もあるし、現地の昔ながらの農法を守った方が良いのでは?世界が資本主義化していくのはどうなのか?」というよう問いかけをしました。

*イデアス公開講座:例年4月上旬にあります。IDEAS授業の縮小版という感じで、各教授陣が2日間で様々な講義をしてくれます。写真は2016年4月のセミナーの様子
私の批判的な問いかけに対し、佐藤先生は「確かにそういう側面もあるし、そう思う現地の人もいるだろう。しかし農業生産性向上を喜び、それに助けられる人がいるのも事実。望む、望まないに関わらず、資本主義化の流れは恐らく誰にも止めることはできない。ならば、その止められない資本主義をどう地域社会と調和させ、うまく使っていくかが大事」というような言葉を返してくれました。(詳細はうろ覚えですが、だいたいこのような趣旨だったと思います)

この言葉から、この先生がいるIDEASなら、開発の否定的な側面も視野に入れて、あるべき国際協力のあり方を模索できるのではないかと思い、「やらない善より、やる偽善」の覚悟をもって進もうと決めました。

他の大学院も比較検討していましたが、その話もまたオイオイ・・

今日はこの辺りで・・

e0367876_00482855.jpg

写真:佐藤寛先生の著書「開発援助の社会学」の紹介欄です。ご自身の研究調査活動などに触れ「なかなか楽しい仕事である」と結んでいるのが印象的です。自分の仕事を堂々と楽しいと言える、そんな先生、そしてそんな仕事、いいなぁ・・
いつか自分もそんな風に「自分の仕事」が出来るようになりたいなぁ・・と本の内容より、そっちに目が言ってしまう私・・(←オイ)
時々、この紹介欄を見ては、がんばろ っという気持ちになっているのは、ここだけの秘密です・・(笑)
034.gif今日のマジェの独り言:「気になったら、行ってみるべし」

---私はIDEASとK大のオープンセミナーに行って、先生や先輩方とお話し、はたまた授業も体験しました。先輩方との話で「自分と考え方が近い、思考が近い」とか「授業が面白い」という”肌感覚”を得たのが、大きな決め手でもありました。「この先生がいるなら大丈夫そう」「こんな人たち(先輩)がいるところなら良さそう」というフィーリングのフィット調査、たいせつですww

Bwao!(リベリアのバッサ語で、じゃーね)
マジェ

[PR]
by ideas_blog | 2017-02-06 19:24 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

中継: 集中講義!

のりおです!IDEASでは、現在集中講義の真っ只中。今日は4日目と、佳境を迎えています。

あしたはいよいよ最終日。今日までに学んだ理論、フレームワーク、ケーススタディを生かしてプレゼンテーションをします。クラスは初日から4チームに分けられていて、議論の時間が授業中にも設けられていました。そんなウォームアップを経ていよいよ、本腰入れてチームワークを発揮するときがきました。

グループプレゼンテーションに向けて、授業終わりの5時から話し合い開始。ただいま小休憩中。

この英語の資料の多さ...
資料は配布はデジタルで行われ、その中から印刷が必要だと思った分のみ印刷したのに、これですよ。
e0367876_19235561.jpg
これだけ読むべき資料が多いので、日本人研修生同士で、"ブリーフィング"という各自で役割分担しての書類の内容まとめの読み合わせを行ったりしていました。仲間といかに協力して生き残るかが、ここIDEASでも、また留学先でも、そして仕事先でも大事だと思っています。


さて、プレゼンテーションの準備はまだまだ終わりそうにないですが、外国人フェローはさすがは皆行政のプロフェッショナルとして仕事をしてきた人たちです。みんなで配られた事例を読み込んで問題点を洗い出したあと、仕事をそれぞれに割り振って自分のパートに注力しています。日本人研修生も負けていられない。
そして、色々な国際協力の現場を見てきた「当事者」の人たちもいるわけです。授業のときには積極的に質問をするし、議論にも熱がこもっています。時折白熱して、4・5人が一気に話すものだから、「一人ずつ話して!!」と止めるのが精一杯。開発業界で働きたいならば、ファシリテーターとしての技術も磨かないといけないなあと思います。。

今日はここまで。このとても刺激的な集中講義の事は、追って他のメンバーも書いてくれる予定です。
それでは!




[PR]
by ideas_blog | 2017-02-02 19:10 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

私がIDEASを選んだ理由:3人目

はじめまして、IDEAS27期生のハナです。
e0367876_21033044.jpg
マルガリン酸さんと同様、神奈川県出身です。
大学の時にイギリス、コスタリカの国際NGOでボランティアをしたのがきっかけでこの業界(国際協力)に足を踏み入れてしまい、その後も就職が決まっていたにもかかわらず青年海外協力隊に入ったり、世界で三番目に殺人率が高い国で仕事をしてみたりと、親泣かせな人生をおくってまいりました。

こんなめちゃくちゃな私ですが、約10年以上国際協力分野にかかわってきた中で自分なりに出した答えが「教育と開発」でした。

他の同期とちがって、私がIDEASにはいった理由は留学ありきではなく、自分のこれまでの開発途上国でのキャリア経験を、一度立ち止まってアカデミックな観点から見直したいと思ったのがきっかけです。なので(留学もできたらありがたいですが)、留学よりも自分の夢に向かってどういう道を歩んでいくのがベストか、今IDEASで勉強をしながら日々考えています。

IDEASのいいところは、自分の進みたい専門分野の第一線で働いていらっしゃるIDEAS卒業生や先生方にもたくさんアドバイスをいただけることです。
そして、日本にいながら、世界18か国+日本人の友達ができること。

長らく机に向かって「勉強」することがなかった、そして電車通学が苦手な私には毎日幕張に通って授業をうけるのはけっこう大変ですが、有意義な1年間にしたいと思っています!!!







[PR]
by ideas_blog | 2017-01-29 20:38 | イデアス27期生自己紹介 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る