タグ:留学準備 ( 17 ) タグの人気記事

イデアスを選んだ理由~8人目~

みなさま初めまして、タロウです。




e0367876_15305460.jpeg

私は紛争解決・平和構築を志望していて、前職ではファンドレイジングと広報を通じて難民の方達への支援に携わっていたのですが、どうせなら根本的に紛争を無くしたいという青臭い理由で留学を考え、こちらに来ました。

まず、最初に結論から申し上げると、IDEASに入って本当に良かったと思います。

私がIDEASを志望した理由の一つ目が、研究者の方々から講義を受けられることです。
アジ研は地域研究や経済開発系の研究に強いイメージがありますが、実は人道・人権分野でもすごい研究者の方が多くいます。また、BOPビジネスをはじめとしてソーシャルビジネスに取り組む研究者やプロジェクトもあり、本当に幅広くかつ質の高い研究が行われてます。(しかもかなり安い授業料です。)

二つ目が世界中の途上国からくる日本に関心がある若手の官僚の留学生と共に勉強ができること。そして最後が、やはり留学の実績が圧倒的なことです。あと、皆様にお伝えしたいのが、外国人留学生も含め、このIDEAS自体の人的なネットワークが卒業してからもとても大きいです。

留学を本気で考えている人は、IDEASに行かず、直接留学をしようかどうか考えている人もいると思います。IDEASには約10ヶ月いることになるわけですが、少なくとも私にとっては遠回りになるどころか、確実に為になりました。ダメ元でも、IDEASを受験して本当に良かったと思います。

関心がある方はどなたでも大歓迎なのですが、毎年、紛争解決や平和構築系志望の学生が一人か、多くて二人なので、この分野を目指したい人に来て頂けると、個人的にはとても嬉しいです。私は、前職はNGOですが、IDEASに通う上では、経歴はあまり関係ないと思います。むしろ今まで違う畑で仕事をしていたけれど、国際協力に関わりたいと本気で志望する人のための場所ではないかと個人的には思います。


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-08 15:30 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

恐怖のIELTS(アイエルツ) 前編

ハナです、こんばんは。

私にとってはすっかりトラウマのIELTS(アイエルツ)ですが。。。
もし私のように英語が苦手な人や英語がネックでIDEAS入学、または留学をあきらめようとしている方がいるとしたら…悩む必要ありません!人生なんとかなります!と申し上げたいと思います。こんな私でも最終的にはなんとかなった例をお話しします。

実は、イデアスに入る前まで、人生かれこれ3○年間生きてきましたが、アイエルツなんて単語は聞いたことも見たこともありませんでした。入学し1週間ほどたったころ、同期から「IELTSとは留学に必要な英語のスコアで、トフル(TOEFL)のイギリス版みたいなようなもの」だということを告知されます。

な〜るほど!というわけで、某留学斡旋業者の無料模擬テストをうけにいくと、な、なんと、overall5.0という結果に。。大学院にもよるけれど、イギリスだと基本は6.5以上、アメリカだと7.0は最低必要、との情報を入手した時点で、時はすでに10月。アメリカの大学院は、早い所では12月頭が出願締め切りというのも知ったのもこの時期でした。
e0367876_21211222.png

ここから私のIELTSとの戦いが始まります。ネット上にごろごろ転がっている『一カ月で高得点を取る方法』などのブログを参考に、まず過去問テキストをアマゾンで購入。
そして10月下旬の人生はじめてのIELTS試験日。こういう試験をうけるのは何年ぶりのことか…キンチョーしました。結果は、じゃじゃーん!Overall6.5。1回目にしては意外に悪くない!と思った私は甘かった、ここからアイエルツ地獄が始まったのです。

何度うけても6.5.... ライティングがあがったと思ったらスピーキングが下がり、リーディングがあがったらリスニングが下がる、の繰り返しで、結局ずーっと6.5をキープ。アイエルツには奇跡や採点ミスなんて起こらない!!!ある意味、かなり正確に自分の英語の実力を表してるなーと、採点者に感心までしてしまいました。

ちなみに、アイエルツを日本で受けられる団体は3つあり、違う団体で試験を受けたほうが点数が上がるかも~なんてなんの根拠もない噂と奇跡を信じて、別団体でも受験をしてみました。しかし、結果はいつも6.5!アイエルツ、恐るべし!当然のことながら、何度も受験すればその分お金もすごーくかかります。受験料は1回25,380円、心だけでなく、懐までもが痛みます。

当たり前のことですが、できるだけ少ない受験回数でいい点数をとれるよう、事前に準備をすることが大切ですね。私は「次はきっといけるはず」と、楽観的ノリでろくに勉強もせずに受験し続け、無駄な散財をしてしまいました。皆さんは一回で目標点を達成できるよう、がんばってください!

次回に続く。





[PR]
by ideas_blog | 2017-04-05 12:00 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

大学院進学決定者のこの頃、と来季イデアス学費のお知らせ

こんにちは。MEJIKARAです。

4月にはいりました。IDEASでは徐々に進学先を決定した人々が増えてきました。(私も進学先を3月の終わりごろに決定したので、また別の機会にでもその話を詳しくしたいと思います)

進学先を決定した人で、条件付きの合格だった人は英語の勉強をしたり、アパートや寮探しをしたりしています。私も寮を現在探していて、大学のハウジングオフィスに問い合わせたりしています。アパートに住むか寮に住むかで生活環境はかなり違うと思うので、慎重に検討したいと思います。

再度の告知で恐縮ですが、4月7日にIDEASの説明会を行います↓
来年以降は、授業料が半期194,400円に値下がりしたので、奮ってご応募ください。
(今年度より8万円×2期値下げされています!)

******************************************
【説明会開催のお知らせ!】
下記の日程で第28期日本人研修生募集説明会を開催予定です。開発スクール(IDEAS)事務局長の山形辰史がスクール概要、選考等について説明し、また、ご相談も受付いたします。

ご参加希望の方は、件名:【〇月〇日IDEAS説明会】、お名前、ご所属、当日連絡先をご記入の上、各開催日の前日までにgoideas@ide.go.jpまでご連絡下さい。

4月7日(金) 19:00~20:00 JETRO本部※終了後、任意で相談会を開催予定。(東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル
4月14日(金)19:00~20:00 JETRO大阪本部(大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング)

また、開発スクール(IDEAS)では、随時見学を受付けておりますので、ご希望がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。
ぜひ、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

問い合わせ先:アジア経済研究所 国際交流・研修室開発スクール(IDEAS)
事務局 TEL:043-299-9562E-mail:goideas@ide.go.jp
*******************************************

e0367876_17503649.jpeg


[PR]
by ideas_blog | 2017-04-01 19:07 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

ゼミの始まり~修了論文への道~

こんにちは。MEJIKARAです。

後期になり、ゼミが始まりました。イデアスは、後期日本人研修生は、修了論文を書き、発表する必要があります。ガクブルですね。ゼミは例年経済と社会で別れるらしいのですが、27期は経済系の方がいないということもあり、社会ゼミのみとなる予定です。すでに(たくさんの)課題図書がでているので、準備をする必要があります。

社会ゼミは範囲が広く、個人個人でテーマやその分析手法が異なります。したがって、それぞれのテーマが気になります。私も、現在持っている興味分野(グローバリゼーション、移民、労働、アーバナイゼーション等)を整理してテーマ設定を行いたいと思います。後期は7月の上旬で終わりなので、もう残り2ヶ月程ということになります。また、ゼミでは、各人が課題図書を読みプレゼンも行います。課題図書のテーマは、民族とナショナリズム、貧困削減、法整備支援、イノベーション等様々です。

e0367876_17463382.jpeg
(課題図書の一部)

個人的には、論文を書くこと自体が非常に重要なプロセスだと思っています。イデアスで論文を書くということを訓練することによって、大学院に進学した後もスムーズにレポート等に応用できると思っています。また、人によっては、進学先でリサーチアシスタント等をすることもあると思うので、このような訓練は貴重な経験だと思います。前期で学んだ様々な手法(例えば、統計学)を使って、説得力のある論文を書くことを目標にしたいと思います。

それでは、また次回~。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-29 17:46 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

イデアスに入ってから分かったこの学校の良さ

のりおです。最近お天気がすごく良くて、イデアスの入っているアジア経済研究所の近くにある高校の桜が、すでに開花していてびっくりしました。また、花粉症もピークのようで、目がもげそうです。

さて、今日はイデアスに入ってから分かったこの学校の良さを少しばかり紹介したいと思います。

1. 一流の研究者や実務者と知り合える
大学院進学の準備をしながら、自分が専攻する予定でない分野も幅広く学べ、またアジア経済研究所に所属する研究者の方々の中に自分の興味関心と近い研究をされている方が居たら、アポを取って会うこともできます。そうして卒業論文を書き上げていくのが筋みたいですね。

2. 数学や経済学、統計学の基礎をしっかり学べる
社会科学系であっても、少なくとも論文を読みこなすには基本の経済学の知識は持っておいた方がいいと思います。
わたしも慣れてなかったので、ついていくのが大変でしたが、ひよっこながら新しい視野で物事を見られるようになりました。
統計は、様々な本で言われているように、身近な事象を自分で読み解くにも役に立ちますし、メディアの嘘を見抜く素養にもなります。この機会に一生懸命学んでおくと、キャリアにおいても、それ以外でも自分の味方になってくれるスキルじゃないかと思います。

3. 友達ができる
まず日本人研修生は少人数で1年間過ごします。つらい受験期や奨学金応募期に励まし叱咤し合える友人というのは本当に重要です。多分わたし一人じゃこのプロセス乗り越えられていませんでした。留学先の大学が違っても、例えば同じイギリス内だと一緒に旅行に行ったり、ということを先輩方はされているので、ぜひ私たちも...と思っています。
また、外国人研修生たちと触れ合うことで、自分の知らなかった国のことを知れます。知らなかったご飯が食べられる。自分と全然違う視点の素朴な質問にはっとすることがある。自分よりもめちゃめちゃ優秀な外国人研修生の給料を聞いて愕然とする、など日々味わえない刺激でいっぱいです。
さらに、いままでのブログでも複数人が言及していましたが、IDEASはタテのつながりの強いので、OB/OGの方々からとっても身になるお話を聞かせていただける機会もたくさんあります。

4. 手厚いサポート、あたたかな事務局の雰囲気
スタッフの皆さんが、イデアス生ひとりひとりを気にかけてくださるので、気持ち良く過ごせます。(ただし調理器具は持ち込ませてくれない) 。皆様素敵なお人柄で、少人数だからこそ柔軟に対応していただけるのがありがたいです。
e0367876_00405325.jpg

ちなみに上の絵は、イデアス受験の時に、先輩方が書いてくださったメッセージと事務局の皆さんの似顔絵です。
これを見て、緊張が解けたのを覚えています。いま見ても、イデアスの雰囲気を良く表しています。


さて、とりあえずはこんなところでしょうか。IDEの施設を使える、なんて利点ももちろんありますが、主にイデアス内部に関して、入ってわかったいいところをご紹介しました。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-20 12:56 | IDEAS受験 | Trackback | Comments(0)

UNRISDディレクターLadd先生の特別講義


こんにちは。MEJIKARAです。
IDEAS後期課程が始まりました!

特別講義でPaul Ladd先生が講義をしてくださいました!Paul先生は、国連のUNDPで約10年間働いてた経験がある実務経験が豊かな先生です。現在はスイスのジュネーブのUNRISDという機関に勤務されています。Paul先生の経歴については、以下に紹介されています(英語)


今回の講義ではMDGsとSDGsの比較を交えながら、達成のアプローチや今後の展望、UNRISD(United Nations Research Institute for Social Development)について話してくださいました。開発の多面性(例えば日本は、経済的には先進国であるが、女性の社会進出においては後進国)という事実や一般の人をどのようにSDGsの達成にどのように巻き込んでいくかというディスカッションを行い、非常に有意義な時間となりました。

e0367876_17140266.jpeg

講義後はランチを一緒にさせて頂きました。国連で働くというキャリアについて、どのようにキャリア構築をすべきかというアドバイスまでいただくことができ、非常に貴重な機会となりました。また、東京散策についての話など、ざっくばらんにカジュアルなお話もでき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

では、また次回!







[PR]
by ideas_blog | 2017-03-19 17:01 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

前期修了式、そして外国人研修生卒業

こんにちは。MEJIKARAです。

3月の上旬に、IDEASの前期の卒業式がありました。

外国人研修生18人と日本人研修生9人が無事前期の授業を終え、ついにポストグラジュエイトディプロマを授与されました!!!卒業式には、JETROの理事の方々や、多くの来賓の方々や、外国人研修生のホストファミリーの方々、お世話になった先生方が出席してくださいました。いつになっても、学位を授与されるということは非常に感慨深い瞬間でした。これらも、学位に恥じないよう、勉学にさらに励みたいと思います。

e0367876_17165860.jpeg
[学位名はPostgraduate Diploma in Development Studies]

外国人研修生のプログラムは、前期で帰国してしまうので、後期は日本人だけのプログラムとなります。後期は、アジア経済研究所の強みである地域研究を活かした、地域研究をトピックとした授業が多く行われるようなので、楽しみです。授業についても、このブログで少しずつアップロードしていければと思っています~。

では、また次回!


[PR]
by ideas_blog | 2017-03-18 16:26 | 学校生活_その他 | Trackback | Comments(0)

世界の学窓から~イデアスのすゝめ〜

(前回に続き、イデアス26期卒の先輩、「丸腰の海老蔵」さんによる寄稿です!)

私がイデアスの存在を知ったのは「偶然」の一言に尽きます・・・。当時、前職の銀行でのキャリア設計に悶々としていた中、偶然イデアスのホームページ(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas/index.html)を見つけたのがきっかけです。

銀行での今後のキャリアに限界を感じる一方、世銀東京事務所HPの「世銀スタッフの横顔」や緒方貞子さんの本などを読みながら、国際開発の世界で活躍する日本人の姿に強い憧れを抱いたのを覚えています。

開発の世界に入るにはマスターが必要らしい、でもどうやって?・・・、と色々調べていくうちにイデアスのホームページを発見しました。事務局長で私の大学ゼミOBでいらっしゃる山形さんにすぐに相談のメールを送信。快く見学を受け入れてくださり、イデアスのカリキュラム、学習環境、進学サポート、OBネットワーク全てが自分のキャリアチェンジに大きな助けになると確信しました。

その後間もなく銀行の退職を決意したのを覚えています。私は元々大学時代に開発経済学を専攻していましたが、卒業後6年以上経ち開発の世界がどう動きどう変わっているのか自分の知識をフレッシュにしたいという思いがあり、イデアスであらゆる地域の昨今の開発諸問題を色々な角度から学べたことは本当に自分の力になりました。また経済学や国際貿易、統計学などベーシックな学問も学び直せたことで、LSEで経済開発、経済地理の理論を学ぶ際に役立っています。イデアスの講義資料やノートはロンドンでもデータで持参しています。大学院の授業やレポートで壁にぶつかる時はいつもイデアス時代の資料を見返しています。

そして、何よりもイデアスで出会うことのできた同期、外国人研修生、教授陣、OBの方々は私の大きな財産です。約1年間苦楽を共にした26期の同期とは留学先のイギリスでも勉強や転職の事で励まし合ったり、時に息抜きで旅行や食事に出かけて行ったりと大切な存在ですし、今後も切磋琢磨していければと思っています。

外国人研修生とはイデアスでは6ヶ月間の短い間でしたが、今でも小まめに連絡を取り合うほどの仲で、いつか彼らと開発の現場で一緒に仕事をできる機会が今から楽しみでなりません。

さらにOBの方々は、私の転職について親身に相談に乗ってくださり、中にはSkypeミーティングや応募書類のコメントまでしてくださる先輩もいらっしゃり、本当にありがたい限りです。イデアスを通じた出会いに感謝しています。イデアスではこういったOBとの交流は脈々と受け継がれており、私もいつか27期の皆さんや未来のイデアス生の留学や転職の力になれるようになりたいです。

総じて、今こうして留学生活を送れているのは紛れもなく、イデアスとイデアスを通じた人との出会い、のおかげです。開発業界へのキャリアチェンジに悩んでいる皆さん、イデアスへの進学をおすゝめします!微力ながら、未来のイデアス生を応援できるよう、私も頑張ります。

[PR]
by ideas_blog | 2017-03-07 12:14 | IDEASの先生・先輩 | Trackback | Comments(0)

基本統計学

こんにちは。MEJIKARAです。

IDEASの授業の中で、「統計学」の授業があります。最初に統計学と聞いたときは、イメージがあまり湧かなかったので、「ふーん」ぐらいにしか思っていませんでしたが、実際にやってみると「む、、、難しい。。。」となりました。

統計自体は、様々なところで身近に使われているので、統計データを読むこと自体には、親近感がわきます。ただ、回帰分析の理論や実際のデータを使った手続き自体は煩雑なことが多く、「基本統計学」だけの状態でも手一杯です。ただ、この技術はさまざまな局面で応用可能だと思うので、しっかりと身に着けたいと思います。なお、統計学の授業は、研究者の先生が教えてくださるのですが、計量モデルの話を聞いているだけで、気の遠くなるような作業をしているのだなということを思い知らされます。

ちなみに、IDEASと同じ建物の中に、国連アジア太平洋統計研修所という、統計の研修機関が入っています。
統計と経済は切っても切り離せないので、IDEASを志される方は高校までの数学を簡単に復習されることをお勧めします。


e0367876_12544997.jpg

[PR]
by ideas_blog | 2017-02-13 18:14 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

大学院出願書類について: PSと推薦状(私の失敗談とともに)

のりおです。

今回は、留学準備に必要な書類について、書いていきます。
この項目については、すでに留学エージェントウェブサイトや個人の留学準備ブログなどに詳細な情報が載っていますので、経験者からのアドバイスという形で記述しています。その他の情報ソースもご参照くださいね!


Personal Statement [志望理由書]

Personal Statement (以降PS)は、いかに大学入試担当者に希望コースに自分が適しているかを伝えるために書きます。自分の経歴の範囲を最大限に生かして、何度も何度も下書きをします。TOEFLやIELTSのアカデミックライティングの能力を伸ばしておくと、このPSを書くときに楽ですよ。

また、自分の言葉で書くこともお勧めします。フォーマットなどがインターネットに落ちてますけど、正直入試担当官はPSを読むエキスパートですから、他人の書いたものを切りはりしても魅力的に映らないのではないかなと思います。(もちろん、サンプルに乗っている効果的な表現っていうのは学んで利用しますよ!)

しかし、推敲に推敲を重ねていると、何が何だかよくわからなくなってくる事もあります。恥ずかしいですが、なるべくクリティカルに意見を言ってくれる友人知人にチェックをお願いすると、自分では見えなかった弱点が結構見えます。
e0367876_20361456.jpg
あと、私の場合、2・3日全く目の触れないところに放置寝かせて読み直すと、新鮮な視点で読めたかな、と思います。



Reference /Recommendation Letter [推薦状]

日本のAO入試のように、自分の指導者からの推薦状が、大学進学に必要です。
推薦状は出願する大学によって1通、2通または3通必要です。大学のウェブサイトの、Admission のカテゴリの中に大体書いてあるはず。(たまに、とっても応募要件が探しにくいウェブサイトがあるんですよねえ...情報量が多い分....)
まあ、よっぽどのことがない限り2通までのところが多いです。主に、学術的な能力があるということを証明してくれるような推薦状が求められるため、自分の卒業した大学の先生、もしくはIDEASの先生にお願いします。実は私の場合、訳あって(訳は聞かないでください)大学時代の先生に推薦状を頼むことが不可能だったので、IDEASの先生がたに本当にお世話になりました。かなりお忙しいはずなのに、嫌な顔一つせず、推薦状送付を承諾してくださった先生たちには感謝しかありません。

推薦状書きは、先生たちにとっても簡単な作業ではないので、早め・早めに先生たちに依頼しましょう。場合によっては自分であらかじめ下書きを作ってお渡しすることもあります。こうなると、こちらもなかなか大変。
そして、海外進学を考えている場合、先生が推薦状を書いてあげたいと思ってくれるような振る舞いで日本での学生生活を過ごしましょう。



今日はここまで。
最後に、私は相当ダメな人間ですが、それでもなんとかイギリスの大学院に合格をいただけたので、今から受験される方も大丈夫だと思います、と申し添えておきます(^^;)


[PR]
by ideas_blog | 2017-02-12 19:45 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

アジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)の生活を徒然と綴ったブログです。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas) 海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る