タグ:英語 ( 6 ) タグの人気記事

ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上させる(3)

のりおです。語学学習について(3)です。
今回はスマホアプリでできる学習法。

ちなみにはじめに言っておきますと、私はスマホが苦手です←
なので、聞き流し以外にはあまり使っていません。。。
お役に立てなかったら、すいません...
しかし、正直語学学習に関するウェブ記事なんて腐るほどあるので、自分に合うものが以下になければ他の記事をぜひ参考にしてください。

なお、以前の記事に書いたように、私は英語がわかるフランス語学習者です。
あと、スマホはAndroidです。

こちらが、私が使用している語学用アプリの全て。少ない。(spotifyは英語・フランス語音楽を聴くのに使っていますが、正直ただの気晴らしなのでここでは紹介しません)

e0367876_18290960.jpg


では、さらっと行ってみましょう。

1. ラジオ聞き流し

通学中、家事中はずっとラジオを聞き流しています。
語彙は入ってこなくとも、言語のリズムや相づちなどを身につけるのに有効。
(*聞き流しだけでは言語は身につきません。文法理解と語彙があった上での上達方法です。もう一度言います。聞き流しだけでは言語は身につきません。)

(1)英語ラジオ
BBC は英語用。たくさんの放送局を選べます。
e0367876_18324936.jpg
Radio 3 は番組内でクラシックなどをよく流しています。対してRadio 1, 1 extraは若者向けヒットチャートが多い。Radio 4, 4 extra が、よく物語の音読やドキュメンタリー?などの番組を流しているので聞いています。


(2)フランス語ラジオ
Radios FranceとFrench radioは名前の通りフランスのラジオが聞けるアプリです。普段French radioを使っていますがなぜかたまにエラーになるので、そういう時のためにradios Franceのアプリも入れています。

ちょっと落ち着いた音楽を流してくれるCherie FMか、国営放送のRTLを聞いていることが多いです。
e0367876_18114298.jpg

実は本当はオーディオブックなどを聞きたくて。しかし聞き流しはyoutubeだと、画面が暗くなったら音が止まるので、それに代わる登録不要で英語オーディオブックが聞き流せるアプリを探しています。。。(携帯本体にダウンロードするという手段はメモリの関係上不可なのです; )


2. 音楽を聴きながら歌詞を読む: musixmatch
アプリを立ち上げて音を聴かせると、歌詞を表示してくれるMusixmatchというアプリがあります。(shazamなどと同類です)
これはどこの日本語記事にも書いてないくらいマイナーな使い方だとおもうですけど、
歌詞を理解したいとき、歌詞を他言語に訳したいときにmusixmatchの翻訳機能を使っています。
フランス語の歌詞を英語にすることもあります。
もしかしたら同じことは他の音楽認識/歌詞表示アプリでもできるのかも。

e0367876_18112417.jpg
これは、spotifyで聞いている音楽をmusixmatchに聞かせて歌詞を表示させているところです。

3. duolingo

e0367876_18425914.jpg

ボキャビルと聞き取り・発音練習を兼ねて週に数回、空き時間にDuolingo でフランス語、たまーにトルコ語(トルコ語の響きが好きなので)やってます。電車の中などで、本を取り出すのも億劫ってときに重宝。
duolingoは聞き取り、発音もできるのが嬉しい。よくヘンテコな例文がでてきますけど。。


最後に
イデアス有志でフランス語勉強会をやっているというのは以前にトゥルルペが書いてくれました
このように、誰かと一緒に真面目に勉強する、というのが終わりのない語学学習にとっては非常に有効だと思います。
もちろん自分でも勉強するんですが、勉強会は人と一緒にやるとペースキーパーになったり、学んでいる言語を使ってコミュニケーションをとる機会になったりします。

ーーー
追記: あ、そういうえばGoogle 翻訳のスマホアプリ落としてみました。
音声入力や手書き入力もできるんですね。便利です。

e0367876_14064847.jpg

ーーーーー

まー、徒然と3回にわたって書いてきましたが、先述のように語学学習に関するウェブ記事なんて腐るほどあるので、私の書いた中になんらかの新しい情報が少しでもあれば幸い、って感じです。人によって合う学習方法は違うので、いろいろ読んで、いろいろ試してみてください。

では、また何か思いついたら続編書こうと思います。では!



[PR]
by ideas_blog | 2017-06-21 18:44 | TIPS | Trackback | Comments(0)

ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上させる(2)

のりおです。
前回書き切れなかったので、今回も語学能力向上につかえる無料ウェブサイトの紹介です。
全て自分で使っているものです。

(なお、以前の記事に書いたように、私は英語がだいたいわかるフランス語学習者です。)


1. 東京外国語大学言語モジュール

文法や発音や会話を体系立てて学びたいなら、東京外国語大学言語モジュールをめっちゃおすすめします。
27言語ものモジュールがあり、大抵の人の学びたい言語はここで見つかるんじゃないでしょうか。


e0367876_19523053.png


大阪大学にも似た様なサイトがあるんですが、出来については、圧倒的にTUFSに軍配があがります。

e0367876_19565871.png

でも、もしTUFSのモジュールにないハンガリー語をやりたい、とかだったら大阪大学のサイトも見てみてください。

TUFSのモジュールの欠点は、日本語学習用のモジュールが、かなり漢字の多い日本語でのみ利用可能、という謎仕様なことですかね....海外の友人に勧めたくても勧められない。


ちなみにIDEASのフランス語勉強会でもこのサイトの会話モジュールを使って聞き取り、会話練習をしています。
e0367876_17213234.png

2. NHK world

リスニングを強化したいなら、NHK World でシャドーイングなどしてもいいかもしれません。NHK Worldは18ヶ国語でニュースを発信しています。スクリプトも付いているので、語学学習にもつかえます。
e0367876_20093882.png


ちなみにフランス語ならTV5 mondeの方がオススメです。
NHKのニュースの聞き取りは、内容が政治や凄惨な事件で、疲れたときに聞くと心が重くなるときが.......
TV5 mondeの言語学習ページでは、レベルごとの教材が用意されているのが、ありがたいです。
e0367876_20070630.png

3. Lang8
ライティングを伸ばしたいかたに。
e0367876_10324097.png


ログインして、自分で書いた文章を投稿すると、その言語のネイティブが添削してくれます。


e0367876_10332237.png

上記はわたしのフランス語の文章の添削内容。見やすいですよね。添削内容についての質問もできます。

ハテナの前にはスペースがいるよっていうことまでキッチリ教えてくれる方を見つけたわたしは、すかさずLang8上で友達申請しました。自分の学習言語を母語とする方とサイト上で友達になっておくと、その人のフィードに自分の書いた文章が表示され、添削がつきやすくなります。

自分も、お返しに日本語学習者の書いた文章を添削してあげましょう。
正直なところ、英語は、学習者が多すぎて添削がつくのが遅いです。
IELTSや TOEFLで高得点を目指すかたは、きちんとアカデミックライティングを学んだネイティブが提供しているサービスを探してお金を払うのが一番だと思います。(IDEASに入学してしまえば、英語の授業で来られる先生にお願いできます)


以上、参考になる情報が少しでもあれば、幸いです!


[PR]
by ideas_blog | 2017-06-13 18:54 | TIPS | Trackback | Comments(0)

TED Part2

こんにちは、タロウです。

久しぶりにTEDを紹介したいと思います。(前回はこちらを紹介しました。)

今回紹介するのはジェフリー・ブラウンさんというアメリカの牧師の方です。
僕は、特定の宗教を信仰しているわけではないので、もし最初に牧師さんのスピーチだと知っていたら、おそらくスルーしていたと思います。
たまたま偶然、この動画を目にしたのですが、それが全く「牧師さんのスピーチ」っぽくなく、むしろ鳥肌が立つくらい感動しました。
世の中にこういう人がいると知っただけで、心がホッとすると共にとても勇気付けられました。
内容はタイトルの通りですが、この方の今の活動に至るまでの辿っていく過程がホントに素晴らしいと思ったので、多くの人に見てもらいたいです。

ジェフリー・ブラウン

[PR]
by ideas_blog | 2017-06-06 12:00 | 書籍(動画)紹介・参考書籍 | Trackback | Comments(0)

ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上させる(1)

のりおです。いつもイデアスBlogをご覧いただきありがとうございます。梅雨になると思いつつも、なんというか予想以上の猛暑ですね。

今回はideas関係ないですが、ガチで言語能力を向上させたい方に向けて、私の語学学習方法を少しお教えしたいと思います。
海外大学院進学には、英語能力は必須。というか、最低限です。
国際協力の世界で仕事をしようと思ったら、トリリンガルは普通なんですよ...各地で仕事をする上でも現地の方と現地の言葉でコミュニケーションが取れたら関係構築がスムーズになります。
特に、英語以外の国連公用語(仏語、西語、露語、中国語、アラビア語)を知っていれば就職にもプラス。ラテンアメリカはスペイン語やポルトガル語、アフリカならフランス語、中央アジアはロシア語、というように....
私のようなドメスティックな育ちの日本人には辛いですが、できると大きなアドバンテージなのです。

というわけで、英語を始め他言語を自学するのに使える、無料のウェブツールなどについて書いてみたいと思います。

ちなみに最初に言っておくと、私はずっと日本育ちの英語は大体わかるフランス語学習者です。あと、私は学部時代言語学をやっていたので、気づかないままよくわからない専門用語的なものを突然放つ場合があります。その場合はそっと検索してください。


1. Google Translate
安定のGoogle先生。ただ文章を翻訳する以外の方法にも役立ちます。

(1)発音を確かめる
グーグル翻訳の、記入ボックス、翻訳が出力されるボックスのしたに、スピーカーのアイコンがあります。ここを押すと、読み上げがされます。
e0367876_16580893.png
2回押すと、2回目はゆっくり読み上げてくれます。もちろん機械合成の読み上げなので完璧な発音ではないですが、語彙ごとの読み方は大体わかります。

個人的に、この読み上げ機能は、中国語などの声調言語の学習に最適。
アルファベット以外の文字の場合、読み方(中国語ならピンイン)も表示されますし。


(2)文法を確かめる
文法が不確か、動詞の活用が不確かな場合も、打ち込んでみましょう。
「もしかして」と表示してくれます。
e0367876_16534899.png
これは、普通のGoogle 翻訳でもできます。しかし上の画像のように、動詞の活用形を書いてあってるか確かめたいなんてときはGoogle 翻訳のボックスに書くのが便利です。


(3)英語ができる人はその他ゲルマン語/ラテン語系言語の学習にどうぞ
Google先生は英語と文法構造が同じインドヨーロッパ語族(大半のヨーロッパの言語などなど)の翻訳にかなり強いです。フランス語イタリア語ドイツ語などの原文を英語の翻訳すると、かなり正確な意味が取れます。2016年11月くらいに以前より賢くなったと評判になってましたね。
例えば以下のようにフランス語と英語の互換性は日本語-英語/フランス語と比べ物にならないくらい素晴らしいです。
e0367876_16522715.png
英語の二人称はyouだけですが、フランス語の二人称はtuとvousと二つあります。それぞれで動詞の活用が違うので覚えにくい。そういうときは、Google Translate で翻訳された文章をクリックすると、いくつか翻訳の候補が出てきます。これを見ると、主語によって違う活用も一気に覚えられます。

私は、よく使う文章を「あ、これ何ていうんだろう...」って思った時にパパっとしらべて、会話文ノートを作っています。もちろんGoogle先生にもエラーはあるので、この文章を後述するLingueeで再確認するとベター。

2. Linguee
言語によって、一つの言葉が2つ以上の意味を持っており、文脈によって使い方が違う場合があります。
そういう時に用法を確認したいですよね。それならLingueeがおすすめ。
これは英語-フランス語の検索です。日本語-英語などもあります。
e0367876_17025531.png

3. SNSの言語設定を変える
facebook, twitter, instagram などのインターナショナルなSNSでは多様な言語の設定が可能です。
「友達」「写真」などはもちろん「キャンセル」「消去」「ダウンロード」などの用語もこれで覚えられます。
e0367876_17084237.png


4. MACの方へのオプション

(1)辞書アプリ
Macにはもともと辞書アプリが入っています。わからない単語の上にカーソルを当ててShift+Command+Dを押すと、辞書が表示されます。(既存設定なので、出ないかたは確認を。)
e0367876_17173425.png

環境設定から、英日や英英、仏仏辞典などお好みの辞書を選び、使えるようにしておきましょう。

e0367876_17180497.png



(2)音声入力と読み上げ機能

システム環境設定->音声入力と読み上げ機能から、音声入力機能、文字を読みあげてくれる機能が様々な言語で使えます。私は自分の発音が正確か確認したいときに主に使用しています。iPhoneでも同じことができますね。

e0367876_17335123.png

読みあげ機能は記事をリスニングしたい、なんかの時に使えます。
Google翻訳の読み上げよりも抑揚があって、聴きやすいです。あと、読み上げにバラエティがあり、男性女性の声が複数の中から選べます。
e0367876_02251585.png


詳しい設定方法はAppleのページをどうぞ。->こちら



ウインドウズの方は....
ちょっとわかんないので、同じような機能がないか、もしくはソフト・アドオンがないか探してみてください。


とりあえず、今日はここまで。続きは次回。
今回のブログ記事の記述は前提として、PC/Mac使用です。スマホからの分はまた後日書きますね。



[PR]
by ideas_blog | 2017-06-05 16:51 | TIPS | Trackback | Comments(0)

恐怖のIELTS(アイエルツ) 前編

ハナです、こんばんは。

私にとってはすっかりトラウマのIELTS(アイエルツ)ですが。。。
もし私のように英語が苦手な人や英語がネックでIDEAS入学、または留学をあきらめようとしている方がいるとしたら…悩む必要ありません!人生なんとかなります!と申し上げたいと思います。こんな私でも最終的にはなんとかなった例をお話しします。

実は、イデアスに入る前まで、人生かれこれ3○年間生きてきましたが、アイエルツなんて単語は聞いたことも見たこともありませんでした。入学し1週間ほどたったころ、同期から「IELTSとは留学に必要な英語のスコアで、トフル(TOEFL)のイギリス版みたいなようなもの」だということを告知されます。

な〜るほど!というわけで、某留学斡旋業者の無料模擬テストをうけにいくと、な、なんと、overall5.0という結果に。。大学院にもよるけれど、イギリスだと基本は6.5以上、アメリカだと7.0は最低必要、との情報を入手した時点で、時はすでに10月。アメリカの大学院は、早い所では12月頭が出願締め切りというのも知ったのもこの時期でした。
e0367876_21211222.png

ここから私のIELTSとの戦いが始まります。ネット上にごろごろ転がっている『一カ月で高得点を取る方法』などのブログを参考に、まず過去問テキストをアマゾンで購入。
そして10月下旬の人生はじめてのIELTS試験日。こういう試験をうけるのは何年ぶりのことか…キンチョーしました。結果は、じゃじゃーん!Overall6.5。1回目にしては意外に悪くない!と思った私は甘かった、ここからアイエルツ地獄が始まったのです。

何度うけても6.5.... ライティングがあがったと思ったらスピーキングが下がり、リーディングがあがったらリスニングが下がる、の繰り返しで、結局ずーっと6.5をキープ。アイエルツには奇跡や採点ミスなんて起こらない!!!ある意味、かなり正確に自分の英語の実力を表してるなーと、採点者に感心までしてしまいました。

ちなみに、アイエルツを日本で受けられる団体は3つあり、違う団体で試験を受けたほうが点数が上がるかも~なんてなんの根拠もない噂と奇跡を信じて、別団体でも受験をしてみました。しかし、結果はいつも6.5!アイエルツ、恐るべし!当然のことながら、何度も受験すればその分お金もすごーくかかります。受験料は1回25,380円、心だけでなく、懐までもが痛みます。

当たり前のことですが、できるだけ少ない受験回数でいい点数をとれるよう、事前に準備をすることが大切ですね。私は「次はきっといけるはず」と、楽観的ノリでろくに勉強もせずに受験し続け、無駄な散財をしてしまいました。皆さんは一回で目標点を達成できるよう、がんばってください!

次回に続く。





[PR]
by ideas_blog | 2017-04-05 12:00 | 留学準備 | Trackback | Comments(0)

中継: 集中講義!

のりおです!IDEASでは、現在集中講義の真っ只中。今日は4日目と、佳境を迎えています。

あしたはいよいよ最終日。今日までに学んだ理論、フレームワーク、ケーススタディを生かしてプレゼンテーションをします。クラスは初日から4チームに分けられていて、議論の時間が授業中にも設けられていました。そんなウォームアップを経ていよいよ、本腰入れてチームワークを発揮するときがきました。

グループプレゼンテーションに向けて、授業終わりの5時から話し合い開始。ただいま小休憩中。

この英語の資料の多さ...
資料は配布はデジタルで行われ、その中から印刷が必要だと思った分のみ印刷したのに、これですよ。
e0367876_19235561.jpg
これだけ読むべき資料が多いので、日本人研修生同士で、"ブリーフィング"という各自で役割分担しての書類の内容まとめの読み合わせを行ったりしていました。仲間といかに協力して生き残るかが、ここIDEASでも、また留学先でも、そして仕事先でも大事だと思っています。


さて、プレゼンテーションの準備はまだまだ終わりそうにないですが、外国人フェローはさすがは皆行政のプロフェッショナルとして仕事をしてきた人たちです。みんなで配られた事例を読み込んで問題点を洗い出したあと、仕事をそれぞれに割り振って自分のパートに注力しています。日本人研修生も負けていられない。
そして、色々な国際協力の現場を見てきた「当事者」の人たちもいるわけです。授業のときには積極的に質問をするし、議論にも熱がこもっています。時折白熱して、4・5人が一気に話すものだから、「一人ずつ話して!!」と止めるのが精一杯。開発業界で働きたいならば、ファシリテーターとしての技術も磨かないといけないなあと思います。。

今日はここまで。このとても刺激的な集中講義の事は、追って他のメンバーも書いてくれる予定です。
それでは!




[PR]
by ideas_blog | 2017-02-02 19:10 | 学校生活_授業 | Trackback | Comments(0)

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る