修了論文とは。

こんにちは、のりおです。
MEJIKARAが修了論文について書いてたので、ちょっとその説明を追記しますね。

IDEASは前期後期制です。その後期(3~6月)のメインは、修了論文の執筆となります。
3月に外国人研修生が帰って、一週間弱のインターバルの後に後期が始まり、ゼミについての説明があるので皆そのあたりで論文のことを考え始めます。そして4月頭に論文構想発表の1回目があります。ここでは、いくつかのキーワード、方法論としての学術分野、取り上げたい地域などを発表し、自分の方向性を先生方の前で示します。
そこへ先生たちや同級生からツッコミをいただき、論文としての有用性、データの有無などから論文の実現可能性を考えるわけです。

そして先日、5月中旬に、論文プレゼン2回目がありました。MEJIKARAが七転八倒していたのは、これですね。
もちろん、わたしもヘロヘロでした......
この段階で、タイトル、大まかな目次を決め、いよいよ執筆に入ります。
論文提出は6月末。7月頭に論文発表です。


修了論文内容を考えるのに有益なヒントは、イデアス図書室にあります。

イデアスの資料室には、歴代の先輩方の書いた修了論文の並んでいる棚があり、ここからまず自分の関心分野に近いものを読んでいきます。
4,5期生まで遡って探していると、今ではかなり著名になられている研究者の方のお名前を発見することも....
e0367876_21304691.jpg

今後、職に応募する際に、執筆した論文のリストを書かねばならなかったりするので、なるべく自分の希望するキャリアにアピールできる名前の論文になるようにするのも大事だそうです。

あと2ヶ月しかありません。というか2ヶ月もありません。。。。IDEASの各自の机には本が山積み。さあ、ここからが正念場。


このブログを読んでくださっている方のなかにも、イデアス受験に向けて、受験書類の完成に向かっている方もいらっしゃるかと思います。
一緒に頑張りましょうね。

では、また!

--------------*----------------------*----------------------*----------------
IDEAS 2017年9月入学分 願書受付中!5/29必着
--------------*----------------------*----------------------*----------------


[PR]
by ideas_blog | 2017-05-26 11:03 | 修了論文

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る