世界の学窓から~オランダ編~

(今回は、イデアス26期卒の先輩、「Lyca」さんによる寄稿です!)

こんにちは。イデアス26期卒、現在オランダ・ハーグ在住のLycaです。27期生よりお誘いいただき、日本ではあまり知られていない留学先、オランダ・ハーグにあるISSという大学院について、この場をお借りして紹介させていただきます。

ISS(International Institute of Social Studies:社会科学大学院大学)はエラスムス大学の傘下にある大学院で、四年制大学の機能はなく、修士と博士課程のみで運営しています。ここでは、ISSの大きな特徴を三つ紹介いたします。

[特徴その1:ユニークなプログラム]
1つ目の大きな特徴は、独特なコースプログラムです。ISS修士生は全員が開発学修士(MA in Development Studies)という肩書となりますが、その中で5つの専攻から自分の専門を1つ選びます。私は人権・ジェンダー・紛争のコース(正式にはHuman Rights, Gender and Conflict Studies: Social Justice Perspectives)に所属していますが、他には農業、ガバナンス、経済、社会ポリシーのコースがあります。また1年4か月というプログラム日程もユニークな特徴の一つです。9月に始まり翌年12月に修了となりますが、9月~12月は新旧の学生が在籍するので、先輩から授業やオランダ・ハーグの情報などを得ることができ、個人的にはとても有益だと思います。プログラムは全部で4タームあり、始めに経済・政治・社会学と開発の基礎コースをとり、その後専攻毎に分かれて専門的な授業に入ります。授業はすべて英語で行われます。1ターム3~4か月で、授業毎に2,3つのリーディングを予習し、授業内でディスカッションやプレゼンテーションを行います。1~3タームで授業及び課題があり、各授業のレポートや筆記テストがあります。4ターム目は修士論文の執筆期間となります。

e0367876_20093036.jpg
[ISS校舎。手前に運河があり、人々は運河沿いのベンチでくつろいだりしています。]

[その2:修士生のほとんどが留学生]
2つ目の特徴は、私の同期は全体で170名強ほどですが、その多くがアジア、アフリカ、中南米等の途上国から来ているという点です。ヨーロッパ、北米、東アジア(日本、中国、韓国)からの学生は少数派です。ISSに来る学生は開発途上国出身や開発現場で働いた経験がある人がほとんどなので、授業や講師からだけでなく、学生同士から学べることも非常に多いと思います。また、非英語圏の国からきている学生も多く、違う言語を学べる機会や、英語にまつわる悩みを共有し、励まし合える関係もできました。また、ISS主催で各国の料理や文化を発表する異文化交流の場もあり、多様な文化に触れる機会が多くあります。

e0367876_20093636.png
[MA2016-17期生:オランダ一日観光がプログラムに組み込まれてあり、風車と運河で有名な観光地を回ったりします。人が多すぎて後ろの風車が全然写ってない…]

[その3:ハーグの街全体がキャンパス!]
エラスムス大学本部はロッテルダムという都市にありますが、ISSは本部とは別で、独自にハーグで運営しています。前述の通りISSは修士と博士課程のみのプログラムであり、「大学」といって想像するような広大なキャンパスはなく、実は5階建ての建物一つで運営しています(一枚目の写真)。私が最初に訪れた時は、イメージとは全く違う“キャンパス”に少しショックを受けました(笑)。しかしながら、ハーグはオランダ第三の都市ではあるものの、オランダ王宮や各国大使館、国連や国際機関などの重要な機能を多く有する国際的な都市です。ハーグ市内で行われる国際的なイベントやピースフォーラムなど、ISSの外でも開発や平和についてのイベントに参加できるのもハーグに住む魅力の一つです。その中で、ISSの建物はオランダ王宮の真向かいに位置し、ハーグ中心地に徒歩10分、中央駅へも徒歩20分程という環境にあり、ハーグ全体がキャンパスといっても過言ではないほどの立地です。また、学生寮はISSの隣、徒歩2分の場所にあり、住環境は非常に整っています。個人的な感想ですが、首都や大都市の喧騒はなく、ハーグには古き良き建物、おおらかで落ち着いたオランダの人々と生活があり、とても住みやすい環境だと思います。

e0367876_20095253.jpg
[ISSから徒歩5分の所にある平和宮(Peace Palace)。国際司法裁判所(ICJ)等が入っています。]

また、ここで一つオランダ留学の予備知識ですが、オランダは「ビザの事前申請が不要」なのです。オランダに住み始めた後、大学の案内で市役所・移民局に手続きに行けば、定住許可書を発行してもらえます(2017年7月現在)。一般的な留学手続きで必要なビザ申請の手続きや支払いが省けたので、個人的にはとても助かりました。以上、オランダ・ISSの特徴を3つ挙げました。コースや授業内容は長くなるためここでは割愛させていただきましたが、もしご興味のある方は遠慮なくコメント等いただければと思います。日本で行われる留学フェアや留学エージェンシーなどの多くはオランダの大学院はあまり扱われず情報を得ることは難しいかもしれませんが、大学院選びに悩んでいる方はぜひ参考にいただければ幸いです。


[PR]
by ideas_blog | 2017-07-19 20:13 | IDEASの先生・先輩の寄稿など

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る