日本->英国持ち物リスト: 持ってきてよかったもの、持って来ればよかったもの

イギリス留学中ののりおです。イギリスにもようやく春がきて、水仙が咲き、チューリップが咲き、たんぽぽが咲き、マロニエの木も青葉でふさふさし始めました。

もう大学院終わりかけですが....自分の備忘録も兼ねて、来年の方などへ向けての持ち物リストです。イギリス・サセックス州の社会科学系大学院に留学中のわりと料理が好きな20代女性の意見なので、あまり参考にならなかったらすみません。

持ってきてよかったもの
・肩こりの塗り薬・貼り薬
英語を読むのがおそすぎて全然文献リストに追いつかず、ずーっとPCにかじりついているので。
・マスク
風邪を引いたり吹き出物がでたり、やっぱりします。気づかないうちに気を張って疲れるんでしょうか。
・日焼け止め
だいたい曇っているイギリスですが、いざ晴れると、この時期ではかなり日差しが強いです。ころんでも欧州。あと、あんまり品質のいい日焼け止め売ってないです。みんな焼けたいんですね....
・ヒートテック
かさばらないし軽いし温かいので小旅行のときなどに特にあってよかったと思いました。
・ヘッドがちいさい歯ブラシ
日本以外の歯ブラシってなんであんなに大作りなんでしょうね...
・筆ペン
筆ペンで文字を縦書きすると、ウケます。
・菜箸
中華食品店に売っていますが、クオリティ的に日本で買ったほうが良いかなと思います。
・五本指ソックス
好みによりますが...。ちなみにウケ狙いなら間違いないと思います。
・USBケーブルチャージ用アダプタ
こっちで買うと高い。イギリスのコンセント用のアダプタは1poundショップにあるのに。
・味噌パック、だし
疲労すると、飲みたくなる味噌汁。すごい勢いで味噌が減ります。
・運動靴
運動靴が若干高い気がします。革靴はちょっと安い印象。
・寝転んで書いても出るペン
怠惰なので...そしてこちらでそんな気の利いたものどこに売っているのかわからないので。一般的に、自分が書きやすいと思っている文房具は持っているとQOLが落ちすぎるのを防げる気がします。
・日本語の専門書
最初は英語で頑張るためにあえておいていこうと思っていましたが、そんなこと言ってられないくらい読むものが多いです。とっとと理解をすすめるために基本書・理論書は母語でもって来るべきでした。わたしは途中で送ってもらいました。周りにもそういう人おおかったです。
・マネパカード
大学開始時期には銀行口座を学内でつくれたりしますが、私は余裕がなくてしばらく作れずじまいでした。予めレートのいいときを見計らって[留学先のレートを見張っておいてよかったです] すこしマネパの口座にお金を移しておいて、助かりました。くわしくはこちらを。回し者ではないです。
・ヘアピン
私はヘアカットをさぼっているので、ピンが手元にあって助かりました。市内に住んでいる日本人の友人は市内に日本人の美容師さんを見つけて、頻繁に行っていて、日本人の小奇麗さを保っています。流石だなと思ってみています。
・目薬、頭痛薬
必要なときにちょっと欲しいものを、あ、いる!ってなったときに買いに行くのがおっくう、というのと服用量が変わるので持ってきました。目薬は、売ってるのをそもそも見かけていないので、日本から持ってくるのが手軽でよさそうです。
・洗濯ネット
渡航時に下着などを数枚のネットにわけて突っ込んでもってきました。1poundショップに売っていることもありますが、ある店限られている気がします。




持って来ればよかったもの
・ノート
質のいいのがない。むだにでかい。無印はロンドンにはあるらしいけれど頻繁にはいけないし。
・付箋
売っているけれど、割高。ノートと同様、日本のもののクオリティと量を知っているだけに....
・my包丁
どの包丁も切りにくい...。自分の出刃包丁が恋しい。こっちに来て思うのが、自炊学生にとって、いかに美味しく効率よく料理するかが大事かということです。
・小さいスーツケース
どでかいスーツケース+リュックしかなくって、小旅行でLCCに乗るときに人にいちいちスーツケースを借りなければならなくなった。
・保湿洗顔料
こちら、拭き取りシートが主流らしく、あまり洗顔料の選択肢がありません。。。
・しゃもじ/簡易の炊飯器
もう遅いのですが、米が食べたいけれど疲れて鍋で炊く気がしないときがままあります。電圧の条件があうものがあれば、小さい炊飯器持ってきたら良かったな、と思います。韓国人や中国人の留学生は持ってきている人がおおく、日本人でpre-sessional コースのために来ている人は、前の年の留学生から炊飯器や印刷機を安くで買っていました。
・シリコン性のレンジ炊飯容器
そういえばこういう便利グッズがあってもよかったかも。まあ私も住んでる家レンジないんですけどね....
・ミニプロジェクター
これは大勢の方にはあてはまらないと思いますが。。市街地から少し離れた住宅地に住み始めてしまったので、周りに娯楽がなく引きこもりがちになり、映画を見るか読書をする休日ばかりです。図書館にDVDが結構あるのと、ドキュメンタリーを中心とした映画を、Kanopyという教育版netflix的なものを大学のアカウントで使うことがでいるので見るものには事欠かないので、自分へのご褒美にもってきたらよかったです。たまにはホームパーティもしただろうし。

イギリスで買ってよかったもの
・防水防寒ジャケット
冬の間は一日一回にわか雨が降る気候に対応した服は現地調達。ちなみに衣類はこちらにピンキリそろっていて、一通りのファストファッション、デパートファッション、安くすまそうと思えばチャリティショップやビンテージ衣料量り売りフェアに行けばいいので、勉学に励みながらもファッショナブルなスタイルを貫きたい方以外は現地調達で良さそうです。
・アルガンオイルヘアケア
水が硬水なので髪がパシッパシになります。多くの人が悩んでいるらしく、髪を柔らかく保つには...とアジア人で相談したりしました。わたしにはBoots というイギリスによくあるドラッグストアで買ったアルガンオイルがあっていました。


何かあればまた追加します。


[PR]
by ideas_blog | 2018-04-23 22:33 | 留学先から

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る