留学中の問題: 教員ストライキでの講義キャンセル

のりおです。すでにイデアス27期生のブログは私の留学記に変貌をとげていますが、気にせず続けます。


考慮するといってもどうしようもないのですが、日本ではまずないだろう留学中の問題にぶち当たったので、報告しておきます。


2月後半から3週間にわたって教員ストライキ講義がキャンセルになりました。



原因は教員組合がおこなっていた年金大幅カット拒否の交渉がこじれたこと。

授業はない、全ての授業外のセミナーもキャンセル、オフィスアワーもない、で非常に大変でした。
教員ストをサポートする学生は、大学にプレッシャーを掛ける、という理由で(理由になっていないと思いスルーしていましたが)大学の施設を使うな、と周りに呼びかけていました。じゃあ私のカフェ代を誰かが払ってくれるのか、というとそんなことはもちろんなく。

一部の教員は、学生への影響は最小限に留めるよう努力する、という一方で「すべての講義資料と文献はポータルサイトに上がっているから自分で勉強できるよね」、という言い方でストを正当化したので、生徒の間に不満が満ちていました。大学総長も対応がまずく、生徒の声を吸い上げる仕組みはないまま、皆が不安を感じていたと思います。


また、留学生の間では、「いや、金返せよ」という意見一択だった気がします。
ストにまつわる運動にからめて教育の商品化を批判する声もありましたが、こっちはイギリス・欧州学生の2倍を払うというとても大きな投資をしているわけで。

特に南米から自費留学している人たちが怒り戸惑っていました。彼らにとっては、15000ポンドって10年ローンだったりするわけです。この一年の留学は、彼らにとってどれほど大きな決断だったのでしょう。その中の一人が、クラスのSNSグループに投稿していたのが、以下。

e0367876_01125788.jpg

非常に的確に不満を表したステートメントだと思いました。

一方学生の自主的な活動は活発で、サセックス大学内にある開発の研究機関IDS の生徒たちは自主的にビデオを作ったりしていました。

そして、学生マーチ。
e0367876_01230178.jpg


サセックスの人類学が運営しているブログCULTURE AND CAPITALISMでは有志が講義の代わりに集まって開いたセミナーでつくられた"A quick manifesto"という主張がアップされました。



ちなみにフランスでもマクロン大統領の規制緩和に対するストによって、生徒がOccupy運動をくりひろげた(継続中?)らしく、学校が占拠されていたようです。 
e0367876_01050382.jpg
市民が不満を声に出し自分の権利を主張することによって生活を良くしてきた欧州では当たり前の風景なのかもしれませんが、もし3週間のストが起こるとわかっていたなら私はイギリスに進学したのか?ちょっと考え込んでしまいます。
しかし同じくらいの年齢、もしくはもっと若い英国人たちが主体的に様々な方法で大学当局と年金スキーム運営団体にむかって教育への権利を主張する姿を通じて市民社会・国民国家という言葉の体現を見られたことは良かったと思います。




[PR]
by ideas_blog | 2018-04-22 01:28 | 留学先から

国際協力/途上国開発の専門家を養成するアジア経済研究所開発スクール(IDEAS/イデアス)27期日本人研修生(2016-2017)の生活を綴ったブログです。授業の様子や大学院・進路・奨学金情報をお届けします。IDEASの公式ホームページはこちら(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas )海浜幕張駅から徒歩10分、見学も可能です。


by IDEAS_student_blog
プロフィールを見る